「アカネコ植物記」カテゴリーアーカイブ

ロシアンオリーブの狂い咲き:9月に強剪定した影響か?秋に開花

地中も地上も過酷:それでも頑張るロシアンオリーブ

超大型台風襲来に備えて9月初旬にロシアンオリーブをバッサリと剪定した。その1ヶ月後の開花である。

続きを読む ロシアンオリーブの狂い咲き:9月に強剪定した影響か?秋に開花

土掘ればカエル芋虫ゾロゾロと

ツルブルームーンとルリマツリとアカンサスモリスを掘ると生き物がぞろぞろ

土を掘ったりブロックを動かしたりすると、生き物たちの平穏な生活の脅威となるようでとても心苦しいのである。けれど、掘らねばならぬ理由があるのだ。

芋虫とカエルの画像があります。苦手な方はご注意ください。

続きを読む 土掘ればカエル芋虫ゾロゾロと

テレビの中の友達:ソックス、画面の猫に挨拶する

ソックスはとてもフレンドリーな猫なのだ

みかんとクロエはテレビ鑑賞を趣味の一つにしているが、他の猫は画面にほとんど興味を示さない。けれど先日、珍しくテレビ画面に張り付いているソックスがいた。

続きを読む テレビの中の友達:ソックス、画面の猫に挨拶する

エスパリエ風リンゴ樹と文様美麗なモンクロギンシャチホコ幼虫:2020年の芋虫

現在8匹確認:ちょっとナメクジ似のシャチホコ蛾幼虫

去年キバラケンモンの幼虫を養ったエスパリエ風のリンゴの木。今年の食客は黄緑地に茶色の文様をまとったモンクロギンシャチホコの子供達だ。形はナメクジっぽいけど複雑な文様が美しい芋虫なのだ。

芋虫の画像があります。苦手な方はご注意を。

続きを読む エスパリエ風リンゴ樹と文様美麗なモンクロギンシャチホコ幼虫:2020年の芋虫

台風の後の庭(植物と昆虫)

葡萄と朝顔:台風の強風に耐える

近隣でトタンが吹き飛ぶ被害はあったものの、幸いに我が家は目立った被害なし。ウッドデッキのグリーンカーテンに這わせている葡萄や朝顔はそのまま強風に立ち向かったわけだが、うまく風を受け流せたようだ。

続きを読む 台風の後の庭(植物と昆虫)

植えてはいけないルリマツリ(プルンバゴ)?:地面からニョキニョキ新枝が出た

2020年夏:猛暑、強烈な西日の庭で涼しげな青花プルンバゴ

2017年に草丈20センチほどの小さなポット苗で購入したルリマツリである。とにかく暑さに強い。乾燥した今年の夏、西陽の中で涼しげに空色の花を咲かせている。

続きを読む 植えてはいけないルリマツリ(プルンバゴ)?:地面からニョキニョキ新枝が出た

アキノノゲシを育てる:オーナメンタルな庭の雑草

アキノノゲシが庭にニョキニョキ

とても大きくなる雑草だとはわかっているのだが、形がなかなか美しくて抜けない植物がいくつかあって、我が家では観葉雑草と呼んでいる。春からほったらかしにしておいたアキノノゲシが梅雨の間にぐんぐん伸びて、やっとレモン色の花をつけた。

続きを読む アキノノゲシを育てる:オーナメンタルな庭の雑草