赤い招き猫の顔アップ

このサイトについて

なぜアカネコ?

歴代の飼い猫の中の唯一の赤猫、「ヒロユキ」にちなむ。
また、「赤猫」で検索し「大分の赤猫根性」という言葉を発見。大分県民性を表すというこの言葉、あまり良い意味には使われないらしいが、当方、大分在住。なんとなくご縁かと・・・。

始めるきっかけは猫

2017年、猫が2匹旅立ち、彼らとの日々の記録を残しておけばと悔まれた。日記帳を買っても続いたことがない。しかしモデムで繋がっていた時代、猫のことをHPに書いていたことを思い出した。そこでブログを始めてみようかと。

投稿名の「ソナヨナ」は2017年に亡くなりこのブログを始めるきっかけとなった白猫「ソナ」と、初めての猫であった黒猫「ヨナ」の名前がくっついたものだ。

そして野良猫を保護してしまいまして

初めてのワードプレスに戸惑いながら少し書いては手が止まり、ちょっと触っては放置することが続いていたのだが、2018年6月に野良猫一家が現れ彼らの家猫化を決意。進捗状況を記録することで、少し客観的になれるかなと鬱憤ばらしのようにキーボードを叩き始めた次第。いまでは彼らもすっかり家族の一員となった。

アイキャッチの赤い招き猫について

ブログを始める前、2018年春に大分県臼杵市にある福良天満宮に初詣に行った。境内に赤猫社という社があるのだ。ドメインがakaneko.linkなので、なんとなくご挨拶をしておかねばと。
実は「大分の赤猫」もここが発祥。元々は「臼杵の赤猫」で、臼杵商人の「質素・倹約・勉励」という美徳転じて、「頑固・ずる賢く狡猾」となりそれが恩知らずで性悪な猫に通じるということで「赤猫根性」となったとか。
臼杵商人も猫もひどい言われようだ。

大分県臼杵市の赤猫神社

参拝者向けに赤い招き猫が売られていて、大中小のサイズ、右手上げ、左手上げが選べる。今回、中サイズ左手上げを求めて帰った。

赤猫神社の赤い招き猫

背面には硬貨を入れる穴がある。貯金箱になっているんだ。
左手で人を招き寄せるはずだったのだが、野良猫一家がやってきた。なんとも賑々しい生活が始まったのである。