葡萄:ヒムロッドシードレスを「こんな感じかな?」剪定する(2020年、栽培4年目その1)

ヒムロッド・シードレスをバッサバッサ切ってみた

ウッドデッキにグリーンカーテンにすべく誘引している葡萄、ヒムロッドシードレスの剪定をした。いや、剪定というと花付きの向上などを目的に植物の生理に沿って効果的にハサミを入れる感がある。行き当たりばったりの我が家の作業は剪定と表現することがためらわれるいい加減さなのだ。

続きを読む 葡萄:ヒムロッドシードレスを「こんな感じかな?」剪定する(2020年、栽培4年目その1)

霧吹きとスクレーパーで繊維壁を剥がすのだ!

ボロボロに落ちてくる仏壇スペースの繊維壁を剥がすことにした

我が家の和室の壁は繊維壁仕上げ。建築から40年を経てボロボロである。幸いなことに前オーナー時代に壁を化粧合板で覆うリフォームがなされている。ただ、物入れとして活用中の仏壇スペースは手つかずのままで、猫が探検に入るたびにパラパラ落ちる繊維クズが気になっていた。

続きを読む 霧吹きとスクレーパーで繊維壁を剥がすのだ!

猫の外ケージ拡張:アイリスオーヤマのコンビネーションサークルでツインタワー

猫ケージ内でハンモック争奪戦勃発

アイリスオーヤマの3段コンビネーションサークルを利用した猫の外ケージ。それに家猫修行中のB群が使っていたケージを移築接続してツインタワー状に拡張した。増築部分にもともとついていたハンモックが外ケージの特別席となり、1歳猫3匹に大人気。時折小さな小競り合いが起こっているようだ。

続きを読む 猫の外ケージ拡張:アイリスオーヤマのコンビネーションサークルでツインタワー

2020年冬の毛虫:キバラケンモン終齢幼虫、リンゴの葉の上で新年を迎える

蛹になり損ねた?キバラケンモン終齢幼虫

蛹や卵で冬を越す昆虫たちが姿を消した冬の庭、リンゴの葉を集団で食べていた30匹あまりの毛虫(蛾:キバラケンモンの幼虫)もほとんどが散っていた。けれど暖冬の影響か、落葉を忘れたリンゴの枝に数匹が取り残された。中にはまだ幼齢の幼虫も。

毛虫の画像があります。苦手な方はご注意を。

続きを読む 2020年冬の毛虫:キバラケンモン終齢幼虫、リンゴの葉の上で新年を迎える

冬のアカネコの庭の常連昆虫:ツチイナゴの日光浴

ツチイナゴは朝陽がお好き

冬の朝には霜が降り、年に数える程だが数センチの積雪がある我がアカネコの庭。冬枯れした数々の野草が地面をおおう中に、猫草にもなるイネ科の野草やスイバの株が元気に真っ青な彩りを添えている。
暖かな日には霜を葉陰でやり過ごした昆虫たちの日光浴している姿がちらほら。その中でもiPhone片手に庭に出るこちらの期待を裏切らないでいてくれるのはツチイナゴたちだ。

続きを読む 冬のアカネコの庭の常連昆虫:ツチイナゴの日光浴