蛍光黄色型は4年ぶり

クロメンガタスズメは10センチを優に超える大きな芋虫だ。その体表色にはバリエーションがある。今年は久しぶりに黄色の幼虫が現れた。

よりによって水耕栽培のミニトマトに出現

我が家にはクロメンガタスズメの食草が数種ある。今までに彼らにかじられたものは、コムラサキにデュランタにノウゼンカズラに紫蘇。そしてトマト。今年はトマトに出現だ。できれば、地植えの植物に産卵して欲しかった。

フンがパラパラ落ちていたので、どこかに何かがいるとは思っていたのだが、黄色トマトやメロンの黄花に紛れて見逃していたらしく、気づいた時には6センチほどの大きさ。

ミニトマトの大きな黄色い芋虫(クロメンガタスズメ幼虫)
眩い黄色に真っ黒い爪先:20220629撮影

毎年この芋虫に遭遇しているが、ここ数年茶色型メインで一度だけ緑型に出会った。この黄色タイプは実に4年ぶり。実は最初に出会ったクロメンガタが黄色で強烈に印象に残っていた。初めて見た超大型芋虫だったのだ。

この芋虫、食べることに熱心で、枝を揺すったりボディタッチしない限り至近距離での撮影OK。一枚の葉を端からきれいに齧り尽くす様子は見ていて気持ち良い食べっぷり。

ミニトマトの葉を食べる黄色い大きな芋虫(クロメンガタスズメ幼虫)
無心にモグモグ:20220704撮影

食欲はすこぶる旺盛。

下画像の手前に写っているトマト葉はあらかた食い尽くされている。
さらなる食糧を求めてモグモグしながら移動し、画像上方に移動した。離れてみると、メロンの花色が良いカモフラージュになっている。

黄色い芋虫(クロメンガタスズメ幼虫)が住んでいる水耕栽培のトマト&メロン
画面手前のトマト葉は食い尽くしている:20220704撮影

よく食べるので、よく出す。下画像は一夜で製造されたウンチ。1匹の、だ。

クロメンガタスズメ幼虫のフン
一晩で量産したウンチ:20220703撮影

新鮮なトマト葉を大量に食べて、連続製造されたウンチ。新しいものは緑色に輝いている。

緑鮮やかな芋虫(クロメンガタスズメ幼虫)のフン
素材はミニトマトの葉だ:20220704撮影

乾燥が進むにつれ鮮やかさが失せて小さくしぼんでいく。こうやってみるときれいなもんだ。
この個体の場合、素材はトマト葉のみだし、クンクンしたらトマトの香りがするのかな。

そういえば、昆虫のフン茶というのが売られていた。珍奇なものではなく、伝統と歴史のあるお茶だ。体に良いらしい。

3日で2センチUP、10センチでいなくなった。

このクロメンガタ、6月26日発見時は6センチ、7月2日には8センチ、7月5日には10センチとスクスク成長。

体長10センチの黄色い大きな芋虫
3日で2センチ弱大きくなった:20220705撮影

以前、同じように水耕栽培ミニトマトで育った個体は、10センチを超えたあたりからトマトの葉だけでなく実をかじり始めた。そろそろかな?と思っていたら、翌日姿が消えていた。

ちゃんと地面にたどり着いたかな?蛹になれたかな?