「バラ」カテゴリーアーカイブ

「虫喰いバラもまた美し」なのである

虫食い跡:バラに添えられたアクセント

寒空の中、おそらく今年最後のサトクダマキモドキが日向ぼっこをしていた。今咲いている地植えのバラの花には彼ら昆虫たちが食べた穴がちらほら。かけた花びらは瑕疵かもしれないが、予定調和のバラの美しさに添えられたアクセントのようにも思えるのだ。

続きを読む 「虫喰いバラもまた美し」なのである

秋バラとサトクダマキモドキ

無農薬の四季咲き白薔薇

唯一の成木のバラである「名無しの白薔薇」、夏に黒星病で葉を一旦失ったが、9月半ばに新芽が展開、11月に入って満開である。庭で見かける昆虫も急激に減って、今このバラにいるのは緑のバッタ「サトクダマキモドキ」だけのようだ。

続きを読む 秋バラとサトクダマキモドキ

ピンクのバラ、クイーンエリザベス(Queen Elizabeth):散り際の美しさ

クイーンエリザベスは花持ちの良い初心者向けのバラ

3年前、このバラの説明文に必ずと言っていいほど現れる「育てやすい、剛健、初心者向け」というフレーズにつられて手に入れた。
健康的なピンク一色のバラだけど、花が開ききると花弁に色の濃淡が現れる。それは花弁が傷み始めた兆しなのかもしれないけれど・・・。

続きを読む ピンクのバラ、クイーンエリザベス(Queen Elizabeth):散り際の美しさ

ブルームーン(Bluemoon):青薔薇って言っていいのかな?

2年前(2017年)の5月、ホームセンターでラベンダー色のバラに一目惚れした。ブルームーンだ。

シュクっと長い茎の上に、淡い紫がかった花弁の大きな花がひときわ目立ち、ふと近づいて香りを嗅いでノックアウト!
衝動買いである。青バラ?と疑問符をつけたいけれど、夕暮れ時は青さが増すように見える。

もっと読む

バラが大好きな昆虫たち

バラを植えて、2度目の春となる。バラが大好きな虫たちのことに少しは詳しくなった。今年もバラクキバチとバラゾウムシ(クロケシツブチョッキリ)の被害を確認。地道にテデトールで対抗している。

イモムシとカエルの画像あり、苦手な方はご注意を

続きを読む バラが大好きな昆虫たち

レディ・エマ・ハミルトン(Lady Emma Hamilton)の受難

2月に咲いたバラ(レディ・エマ・ハミルトン)

鉢植えのレディ・エマ・ハミルトンは冬になって一つだけ蕾をつけた。開くのは無理かと思いつつも剪定を躊躇していたところ、このところの暖かさで蕾が緩み始めた。

続きを読む レディ・エマ・ハミルトン(Lady Emma Hamilton)の受難

1月26日はボタン雪とちょっぴり積雪

積雪わずか2センチ

雪を踏みしめてもキュッキュッと足元で鳴くことはなく、降り止んだ途端に溶け始める南国の雪だ。
それでも庭に雪が積もることは年に幾度もないことで、ちょっと嬉しく、少し懐かしく(小学5・6年の時に福島県に住んでいた)、外を歩きたくなるのだ。

続きを読む 1月26日はボタン雪とちょっぴり積雪