「バラ」カテゴリーアーカイブ

手抜きレイズドベットのその後(カチコチ土壌に置き花壇を作る2)

イングリッシュローズコンビの開花

カチコチ宅地の上に畔波トタンとブロックで囲って作ったレイズドベッドに春が来て、レディ・エマ・ハミルトンとウインドフラワーのイングリッシュローズコンビもようやく開花。勝手に生えてきた野草と押し合いへし合いしながら賑やかな、いやゴチャゴチャの花盛りである。

続きを読む 手抜きレイズドベットのその後(カチコチ土壌に置き花壇を作る2)

2020地植えの初バラ雨の中

曇り空の光と水滴とバラ

久しぶりのまとまった雨が降った朝、地植えのバラの最初の花が咲いた。ファーストスタートを切ったメンバーは、クイーンエリザベス、エル、ダブルデライト。アブラムシやバラクキバチ、バラゾウムシに襲われながらも無事開花にこぎつけた初花の、雨に濡れた記念写真である。

続きを読む 2020地植えの初バラ雨の中

葉っぱの落ちない2月のバラ:我流剪定とローズヒップの贈り物

暖冬の影響か、葉を落とすどころか新芽が展開しそうな勢いのバラたちだが、さすがにもう2月。みずみずしい枝をバッサリ落とすのは忍びないが手遅れにならないうちに剪定である。

続きを読む 葉っぱの落ちない2月のバラ:我流剪定とローズヒップの贈り物

無農薬栽培「虫喰いバラもまた美し」なのである

虫食い跡:バラに添えられたアクセント

寒空の中、おそらく今年最後のサトクダマキモドキが日向ぼっこをしていた。今咲いている地植えのバラの花には彼ら昆虫たちが食べた穴がちらほら。かけた花びらは瑕疵かもしれないが、予定調和のバラの美しさに添えられたアクセントのようにも思えるのだ。

続きを読む 無農薬栽培「虫喰いバラもまた美し」なのである

秋バラとサトクダマキモドキ

無農薬の四季咲き白薔薇

唯一の成木のバラである「名無しの白薔薇」、夏に黒星病で葉を一旦失ったが、9月半ばに新芽が展開、11月に入って満開である。庭で見かける昆虫も急激に減って、今このバラにいるのは緑のバッタ「サトクダマキモドキ」だけのようだ。

続きを読む 秋バラとサトクダマキモドキ