「果樹」カテゴリーアーカイブ

ロシアンオリーブの狂い咲き:9月に強剪定した影響か?秋に開花

地中も地上も過酷:それでも頑張るロシアンオリーブ

超大型台風襲来に備えて9月初旬にロシアンオリーブをバッサリと剪定した。その1ヶ月後の開花である。

続きを読む ロシアンオリーブの狂い咲き:9月に強剪定した影響か?秋に開花

エスパリエ風リンゴ樹と文様美麗なモンクロギンシャチホコ幼虫:2020年の芋虫

現在8匹確認:ちょっとナメクジ似のシャチホコ蛾幼虫

去年キバラケンモンの幼虫を養ったエスパリエ風のリンゴの木。今年の食客は黄緑地に茶色の文様をまとったモンクロギンシャチホコの子供達だ。形はナメクジっぽいけど複雑な文様が美しい芋虫なのだ。

芋虫の画像があります。苦手な方はご注意を。

続きを読む エスパリエ風リンゴ樹と文様美麗なモンクロギンシャチホコ幼虫:2020年の芋虫

ポロポロ粒が落ちていく:葡萄ヒムロッドシードレスの最後の収穫(栽培4年目その7)

激しい脱粒はヒムロッド・シードレスの特徴?

日に2房づつ収穫していた葡萄、ヒムロッドシードレス。あちこちのフサからポロポロ果実が落ちていくので、残りを全て収穫することにした。

続きを読む ポロポロ粒が落ちていく:葡萄ヒムロッドシードレスの最後の収穫(栽培4年目その7)

無肥料ヒムロッドシードレス:不揃いの粒、最大直径2センチ(栽培4年目その6)

無肥料・ジベレリン処理なしで栽培中の葡萄ヒムロッドシードレス

去年はブルーベリーサイズだったヒムロッドシードレスの果実、今年は大きい粒で2センチ大に成長した。無肥料・放任(摘粒、摘房、ジベレリン処理もなし)の栽培である。

続きを読む 無肥料ヒムロッドシードレス:不揃いの粒、最大直径2センチ(栽培4年目その6)

2020年、葡萄ヒムロッド・シードレスの収穫開始:1房380グラム(栽培4年目その5)

葡萄の食べどきは虫たちが教えてくれた

栽培開始から4年目を迎えた無肥料・無農薬のヒムロッドシードレスである。大食漢の芋虫(コスズメの幼虫)やコガネムシにあちこちかじられながらも、50ほどの花房が徐々に充実。いつ収穫すべきか迷っていたら、昆虫たちが教えてくれた。

続きを読む 2020年、葡萄ヒムロッド・シードレスの収穫開始:1房380グラム(栽培4年目その5)

無肥料・無農薬の葡萄・ヒムロッドシードレス(栽培4年目その4)

虫にかじられつつも果実肥大中

2020年、50あまりの花房をつけたヒムロッドシードレスである。伸びすぎた枝のカットと誘引はしているが無肥料・無農薬だ。なので虫にかじられ、ちょっと病気になりながらも、去年よりは確実に豊作の気配。

続きを読む 無肥料・無農薬の葡萄・ヒムロッドシードレス(栽培4年目その4)