庭の梅にやって来たメジロ

白梅開花、大分の県鳥メジロ飛来す

1月19日、東の庭の梅が花開いた。暖冬なので早い開花と思いきや、昨年の開花は15日、そうでもなかった。
梅が咲いたと花見気分で盛り上がる人間たちの他にも、この花の開花を待ち望んでいる生き物たちもいて、なんだか賑やかな東の庭なのだ。

今年の初花は低い位置の枝に咲いたこの一輪。遠目にはポップコーンの一粒のように見える。

2020の最初の白梅の花一輪
去年より少し遅れて開花:20200119撮影

下枝の方からポツポツと咲き進み、木全体が薄ピンクの蕾と開花した白い花でボリュームを増したように見えて来ると「チィチィ」と鳴き交わす鳥たちがやって来る。大分の県鳥でもある「メジロ」だ。

野鳥撮影はiPhoneでは無理

メジロは常に2羽でやって来る。なんとか彼らの姿を撮影しようと頑張ったのだがiPhoneでは下の画像が精一杯。どうやらつがいのようだ。

庭の梅にやって来たメジロ
2羽でやって来た。つがいだろうか。:20200125撮影

入り組んだ枝の間を身軽に飛び回りながら忙しげなメジロの姿に、もしかして去年大発生したミノムシを食べてるのかな?と期待大。

花咲いた梅の枝に止まって上を見上げるメジロ
枝の間を忙しげに飛び回る:20200125撮影

けれどすぐにメジロのお目当は梅の花の蜜と判明。確かにミノムシ目当なら花が咲く前から入り浸るはずだと納得である。

梅の花の蜜を吸うメジロ
花の蜜が目当てなのだ:20200125撮影

この庭にはメジロの他にもスズメやヒヨドリ、ジョウビタキも来ているようだ。彼らはミノムシを食べるのかな?
画像で鳥たちの種類を確定したいのだが、スマホのカメラでは野鳥撮影は難しい。(ついついネットでカメラを検索してしまった。)

猫たちのバードウォチング

鳥たちは早起きのようで、特にメジロのカップルは夜が明けきれぬうちからチュクチュク鳴き始める。

梅の花とメジロ
メジロほぼ日参中:20200129撮影

この梅の木のある東の庭に面するように、猫棚と外ケージがあり、ネコたちのバード・ウォッチングにうってつけの場所になっている。

窓越しに満開の梅の木を見つめる2匹の猫
バードウォッチング中のソックスとクロエ:20200205撮影

家猫になる前、子猫時代のB群が上り下りして遊んでいた梅の木である。手の届かぬ獲物を観察するのは猫にとって娯楽なのか、かえってストレスになるのか分からない。

梅の花の蜜を吸うミツバチ
ニホンミツバチのように見える:20200208撮影

ともあれ梅の開花のおかげで家にいながら鳥のさえずりを楽しめている。暖かい日に梅の木の近くによると、かぐわしい香りとともに「ブーン」という虫の羽音も耳に響く。

春を感じる一瞬である。