虫の姿乏しい2021年の冬の庭

毎年成虫で越冬する我が家の常連昆虫ツチイナゴが、2021の12月に入って姿を消してしまった。エントモファガ・グリリに感染して死んだツチイナゴを見つけたのは11月中旬。この庭のバッタたちは全滅したのかもしれない。でもリンゴの木の毛虫軍団は寒さに耐えて頑張っている。

バッタカビで死に絶えたか?ツチイナゴが消えた庭

去年の12月の画像をチェックすると、ツチイナゴは12月、1月、2月と複数匹写っている。12月にはクビキリギスとトノサマバッタもいたし、ヒシバッタもちょくちょく見かけた。

下は昨年末にウッドデッキにやってきたクビキリギス。彼らも成虫越冬するのだ。

12月のクビキリギス
去年の12月はあちこちにバッタがいたのだ:20201228撮影

最後にツチイナゴを見たのは11月23日、下画像、ロシアンオリーブの枝で日光浴していた。

ロシアのリーブの赤い実とツチイナゴ
今年(2021年)最後のツチイナゴ :20211123撮影

庭に出ると必ず会える虫だったツチイナゴ。復活を待ちたい。

食糧確保が心配なキバラケンモン幼虫

ツチイナゴが消えた冬の庭で頑張っているのが、これで3年連続してリンゴの木に出現したキバラケンモンだ。

例年よりかなり遅れて孵化したらしく、蛹になってもおかしくない12月にまだ終齢幼虫になれないでいる。

彼らに気がついたのは11月14日。この時はまだ幼齢のため種の特定ができなかった。

小さな黄色い毛虫(キバラケンモン幼齢幼虫)
よく見ると白い毛が生えている:20211114撮影

11月23日には可愛らしく黒ボタンを背中に整列させた外見からようやくキバラケンモンと推定。

リンゴの葉と黄色と黒の小さな芋虫(キバラケンモンの幼齢幼虫)
黄色ボディに小さなボタンのような黒い模様:20211123撮影

12月にはいると成長に個体差が出てきて、生育の良いものは一足先に葉の表面に移動。

12月のリンゴの葉とキバラケンモン幼虫
体の大きな個体は葉表に移動:20211202撮影

まだ顎の力が弱いのか葉表を削るように食べている。

キバラケンモン幼虫
葉の表面をガジガジ食べている:20211202撮影

12月中旬になってようやく頭とお尻に2つずつ茶色のポンポンをのせた、見慣れたキバラケンモンの幼虫になった。葉をかじりとる顎の力もついたようだ。

キバラケンモン幼虫5匹
懸命に食べる幼虫たち:20211219撮影

キバラケンモンの幼虫は寒さに強い。例年、蛹越冬と幼虫越冬の双方を確認している。

冬枯れのリンゴ葉の上のキバラケンモン幼虫
葉を丸かじりできるまでに成長:20211223撮影

ただ、今年の幼虫越冬派は大虫数。明日より寒波襲来。食糧であるリンゴの落葉が心配なのである。