6月から大型芋虫ラッシュ

ウッドデッキに誘引した葡萄が濃い影を落とす頃になると、スズメガの幼虫たちがやってくる。6月になり、まずはコスズメ、続いてセスジスズメが現れた。

大きな芋虫の画像があります。苦手な方はご注意ください。

下心のコマツヨイグサ

コマツヨイグサは我が家で砂漠地帯と呼んでいる玄関前のジャリ土に昨年出現した野草だ。乾いた砂地のような場所が好きらしい。そしてセスジスズメが食べにくる。

今年は、敷石の隙間からも顔を出したコマツヨイグサ。増殖したみたいだ。玄関が草茫々になるのは困るけれど、夕暮れにポツポツと灯るように花が咲くと抜きがたい。それにセスジがくるかもしれないし。

コマツヨイグサの黄色い花
夕方に開いて朝には萎む:20220604撮影

セスジスズメ終齢幼虫4匹

6月13日、2匹の終齢幼虫出現

毎日、足元を気にしながら過ごしていると、6月13日、いきなり終齢のセスジスズメ幼虫に遭遇。
敷石の上を、おそらくコマツヨイグサに向けて直進中。匂いで進行方向を決めるのかな?

敷石の上の黒い芋虫(セスジスズメの幼虫)
1匹目のセスジスズメ:20220613撮影

他にもいるのではとコマツヨイグサを一つ一つ確認しているともう1匹。こちらも終齢。

植木鉢のそばのセスジスズメの幼虫
2匹目のセスジスズメ:20220613撮影
14日、若干グレーがかった終齢幼虫

翌日、雨の中で、もう1匹に遭遇。先日の2匹より体表の色が明るい、これも終齢。

少し色が薄めのセスジスズメ幼虫
3匹目のセスジスズメ:20220614撮影

この個体がいたところは、踏まれやすいところなので立ち上げ花壇に移動。

芋虫(セスジスズメ)をスコップで安全な場所に移す
立ち上げ花壇のコマツヨイグサに移動:20220614撮影

この時点で、13日に見つけたセスジの1匹がいなくなっていた。

16日、砂漠地帯でもう1匹

そして、時折タイヤに踏まれる砂漠地帯でさらに淡い体色の終齢幼虫を発見。こちらは立ち上げ花壇の足元のコマツヨイグサの株に移動。さらに植木鉢を移動して、人間の導線を遮断。

ジャリ土の上のセスジスズメの幼虫
4匹目のセスジスズメ:20220616撮影

そして、翌日、全てのセスジが消えた。

無事地中に潜ったかもしれないし、ヌマガエル、ヤモリ、カナヘビ、ムカデ、スズメなど、庭を徘徊するものたちに食べられたのかもしれない。

コマツヨイグサ抜き取り

ところで、このページを書く過程で、セスジスズメの食草であるコマツヨイグサが、外来生物法で要注意外来種に指定されていること知った。セスジがもういないことを確かめつつ、抜き取ることにする。

安定のコスズメ幼虫

コスズメはグリーンカーテンとしてウッドデッキに這わせている葡萄にやってくる。我が家の葡萄はほぼ放任で、新枝の芽かきもしていないためか葉が重なり合い鬱蒼とした感がある。

毎年やってくるコスズメたちも放任していて、無事に成長するものもあり、ときには寄生され、また、常駐しているカマキリやニホンアマガエルに食べられたり、頻繁にパトロールにやってくる各種アシナガバチに団子にされたりしているようだ。

最初に見たコスズメが茶色型だったので、どうもコスズメを思い浮かべるときには下画像のような茶色いボディになってしまう。

葡萄の枝を這う茶色い芋虫(コスズメ)
常連芋虫である:20220616撮影

年によっては緑色個体も混じる。

下画像は今年出会ったムッチリボディの緑色の終齢。これはそろそろ蛹になろうとしているのだろうか。

丸々と太い黄緑色の芋虫(コスズメ)
こちらは緑型のコスズメ:20220619撮影

クロメンガタスズメの食草

もう一種、今年まだ出会えていない大型イモムシがクロメンガタスズメ。

この庭での彼らの食草は、コムラサキ、ノウゼンカズラ、青紫蘇、プチトマト(水耕栽培中)、そしてデュランタ。そのデュランタが初めて開花した。

デュランタ(タカラヅカ)の紫色の花
初花が開いた:20220619撮影

実はこのデュランタ。昨年11月に庭で見つけた小さなクロメンガタスズメの幼虫のために求めたものだ。あらかたの植物が葉を落とした庭で、唯一葉を残すコムラサキで養っていたのだが、こちらも落葉が進み方策を思案していたところ、ホームセンターの処分品売り場でデュランタ2鉢に出会ったのだ。

昨年のクロメンガタスズメは、大きくなれずに死んでしまったけれど、デュランタの1株は東の庭に地植え、もう1株の鉢増したものが西の庭で開花である。いや、美しい。

なかなか成虫に会えない夜の蛾たち

毎年庭のあれやこれやを食べ散らかしている大型イモムシたち。つれないことにそれぞれ1回づつしか成虫に出会えていない。

彼らは夜に活動する蛾なのだ。

幼虫たちがいるということは夜、この庭にきてるんだな。夜の虫の観察まではまだ踏み出せていないんだ。