ウッドデッキの柱で羽化中のクロメンガタスズメ

超絶かっこいいクロメンガタスズメの羽化:3年目にして成虫に初遭遇

羽化途中のクロメンガタスズメの獰猛さと可愛らしさが共存する完璧な造形

6月4日、時刻は19時21分。薄暗がりの中、東の庭からウッドデッキに戻ろうとした時、柱に何か塊がくっついているのが目に入り、かがみこんでみて驚愕!
蛾である。背中にドクロの文様を持つ、クロメンガタスズメの羽化に遭遇したのだ。

一昨年、去年とクロメンガタスズメの巨大幼虫に出会っていた

一昨年は白式部をかじる黄色蛍光色の2匹の幼虫に遭遇。去年はノウゼンカズラの枝を丸坊主にした白黒マダラ模様の幼虫に出会った。
おそらく敷地内の土の中で蛹になっているであろう、クロメンガタスズメの成虫にいつか会いたいという念願が、やっと叶ったのである。

フォルムの美しさにノックアウト

ただ、下の画像を撮影した時点では、クロメンガタスズメだとは認識していなかった。

ウッドデッキの柱で羽化中のクロメンガタスズメ
柱にゴツイものがくっついていた:20200604撮影

このフォルム、どこも完璧に美しいのである。漆黒(夕方だったので真っ黒に見えているだけかも)と黄のコントラストやグラデーションも見事なのである。

それに、可愛いし。

超絶かっこいい羽化中のクロメンガタスズメ
獰猛さと可愛さとがミックス:20200604撮影

蛾の名前がわからない!

写真を撮影して、即、蛾の名前の確認しようとしたが、これが一苦労。蛾の図鑑を持っていないのだ。画像検索してもなかなかヒットしない。

蛾の成虫の画像はあるが、この蛾は羽化途中なのである。

スズメガとあたりをつけて、羽化というキーワードを追加したところ、クロメンガタスズメの羽化中の画像がヒット。間違いない!ついにドクロ模様とご対面なのだ!我が家は大騒ぎである。

背中のドクロと対面ならず!

もう一度会いたいと、暗さを増したウッドデッキにランタンを持って出てみると、クロメンガタスズメはいなくなっていた。私は名前の確認に20分もかけてしまったのだ・・・。

がっくり肩を落として家に戻り、撮影した画像を見てみる。今度は背中が映った写真だ。何となくドクロっぽいものが見える。

羽化中のクロメンガタスズメの背中
撮影時は何という蛾か知らなかった:20200604撮影

ちょっと拡大したのが下の画像。ドクロという感じではないが、羽化が進むにつれて文様もまだ変わっていくのだろうか。

羽化中のクロメンガタスズメの頭部
あんまりドクロっぽくない?20200604撮影

でも、まあ、羽化途中のカッコイイ姿見れたし。
顔が可愛いいのわかったし。

羽化中のクロメンガタスズメの顔
恐る恐る顔を取らせてもらいました:20200604撮影

きっとまたいつか、完璧成虫形のクロメンガタスズメに会えるはずなのだ。