わずか数輪の開花だった赤花の枝に蕾がついた

一本の木に紅白の花が咲く枝垂れ梅を昨年強剪定した。蕾がつかなくなった赤花の枝の若返りを目論んだのだ。

地上1メートルあたりで接木された紅白枝垂れ梅、下画像の左が赤花の枝だ。去年はほとんどなかった花芽が復活した。

昨年強剪定したしだれ梅の古木
新しい枝に蕾がついた:20210216撮影

八重の白梅は房咲きの実梅

白梅の開花は2月16日

枝垂れ梅(白花)の初花
2月16日に開花した白花(実梅):20210216撮影

白梅の花付きはすこぶる良く、葡萄の房のようにコロンコロンと膨らんだ蕾が密集した様子が賑やかだ。

ぎっしりついた枝垂れ梅(白花)の蕾
多花性の白花の蕾:20210216撮影

八重咲のこの花が開花すると、花束のような華やかさ。香りが玄関前まで漂う。

房咲の枝垂れ梅の白花
ブーケのような華やかさ:20210223撮影

白花は実梅で、小ぶりな実がなる。

こちらも八重咲き、凛とした桃色の梅

例年週おくれ年によっては2週間、白花より遅咲きの桃色花が、今年はわずか4日違いで開花。八重咲きの、こちらは花梅だ。

枝垂れ梅(赤花)の初花
白花から4日遅れて初花開花:20210220撮影

白花ほど密集せずに蕾をつけるのは例年のこと。

赤梅はポツリポツリと蕾をつける
白花とは蕾のつき方が異なる:20210216撮影

花と花が離れているので、少し寂しくはあるが花の形がよく見える。

八重咲きのしだれ梅(赤花)
一輪一輪が凛と咲く:20210220撮影

2年ぶりに2色の花のツーショットが撮れた。

紅白しだれ梅揃い咲
今年は揃って咲きました:20210223撮影

超大型台風10号に耐えてくれた

この木の幹には大きな空洞があって、昨年9月の超大型台風10号の襲来時にはポッキリ折れてしまうかと覚悟していた。

当日には強風で飛ばされてきた波板トタンが、この木から1.5メートルしか離れていないタイタンビカスを直撃、茎をザクっと切断。近所ではリンゴの木が根から抜けて倒れる被害があったのだ。

今年は枯れた枝を落とし、枝先を整える程度で様子をみようと思っている。