2021年2月22日の大分の最高気温は24度だったらしい

先週雪が降ったと思ったら、22日は初夏の陽気。気温の乱高下が続いている。2月4日に開花を始めた東の庭の実梅はこの日の強風でほとんどが舞い散った。

雪の中の満開

2月17日は、今年何回目かの雪。ちらほらと葉の上に留まり、降りやむとすぐに消えた。南国の雪なのだ。

真っ赤な南天の葉に落ちる春の雪
先週は雪が降った:20210217撮影

下画像は雪の舞い散る中で満開を過ぎようとしている梅の花。野鳥たちは頻繁に吸蜜に訪れるが、蜂たちの羽音を今年はあまり聞かない。
受粉できているだろうか。この木は実梅なのである。

青空の下、満開の実梅の花
梅の花の香りを堪能:20210217撮影

沈丁花の開花

22日には庭を満たす香りがバトンタッチ。梅の足元で開花を始めた沈丁花の妖艶な香りが広がる。

花盛りの沈丁花
庭中に香りが満ちる:20210222撮影

この日は暖かいと同時に、強い風が吹いた。

庭の実梅と、隣家の桃色の枝垂れ梅と白梅の大木からの花びらが宙に舞い、時折花吹雪が吹き付ける。

今年生まれのチビバッタに遭遇

草むらに散った花びらを追いかけていたら、ハコベの葉から顔を覗かせている小さなバッタと目があった。まだ幼虫で、種は判別できない。

新世代の誕生だ。

ハコベの花とバッタの幼虫
今年孵化したバッタだ:20210222撮影

越冬組も健在で、ツチイナゴは日向ぼっこを楽しんでいる。

倉庫の壁で日向ぼっこ中のツチイナゴ
もちろんツチイナゴも健在だ:20210222撮影

ウッドデッキのキワで、年々勢力を拡大中のスイートバイオレットにツマグロヒョウモンの幼虫がいないかと探したりして庭中をゴソゴソ。

花盛りのスイートバイオレット
ウッドデッキの軒下で増殖中:20210222撮影

今年は何種の生き物と遭遇できるだろうか。

今日は猫の日だった、ごめんよソックス

ウッドデッキのあちこちにも梅の花びらが舞い落ちたけれど、次のひと吹きで再び舞い飛んでいくだろう。

ウッドデッキに舞い落ちた梅の花びら
強風に梅の花びらが舞う:20210222撮影

なんて思いながら撮影していたら、外ケージに出ていたソックスが声をかけてきた。

今日は僕たちが主役の日だって?
そうだったソックス。
2月22日だ、猫の日だ。

外ケージから声をかけるソックス
猫の日なんだからこっちを撮影しろって?:202110222撮影

おエド様、おみかん様、おキコ様、お茶々様、おクロエ様、そしてもちろん、おソックス様。
日付が変わるまで君たちをそう呼ぼうか。

いつも楽しませてくれてありがとう。