葡萄の枝のミミズク(昆虫)

葡萄にミミズク(鳥じゃなくて昆虫です)

耳があるからミミズク?

7月初旬ウッドデッキに誘引している葡萄の、まだ緑色の茎に1.5センチくらいの茶色い塊がくっついていて、茎の傷かと思ったら昆虫だった。

画像を拡大して昆虫と確信

樹皮のような体の文様が邪魔をして形態が掴めず、ただヘンテコな生き物がいるぞと撮影。写真を拡大して初めて、羽らしき文様と体の下にたたまれた小さな足が見えた。昆虫である。

葡萄の枝にじっとしているミミズク(昆虫)
よく見ると昆虫だった:20200708撮影

小さすぎてなかなかピントが合わず、結構近くまでスマホをくっつけて何枚も撮影したのだが、全然動かない。

葡萄の枝のミミズク(昆虫)
どこが目だかわからない:20200708撮影

特に顔部分の形態がどうなっているのか不明である。どこに目があるのだろう?

ただ、ピコッと飛び出した突起が、ウサギの耳みたいで可愛くはある。

葡萄の枝にじっとしがみついているミミズク(昆虫)
出っ張りが耳みたいに見える:20200708撮影

図鑑で調べて、ミミズクという昆虫と判明。やっぱり耳みたいなのが名前の理由らしい。

この日、ただただ暑さを避けて、ちょっと葡萄の葉陰で一休みしているだけのように見えていたのだが、木の汁を吸って生きているとか。もしかして食事中だったか。

でも、この小さな昆虫の食事量は、コスズメの幼虫やコガネムシたちに比べたら、微々たるもの。またの来訪を心待ちにしている。

今度出会ったら、ダイソーのマクロレンズをくっつけて、顔のアップを撮影するのだ。

追記:LED玄関灯にもミミズクが来ていた

夜、玄関灯に集まって来た昆虫たちの写真を見直していて、ミミズクを発見した。6月のことである。

こちらの画像は足を出していて、ボタンのような丸みのある眼が判別できる。

玄関灯にやってきたミミズク(昆虫)
ポチッと丸いのが目に違いない:20200609撮影

ミミズクの姿は別の日にもあった。

玄関灯に誘われて外壁にとまったミミズク(昆虫)
灯に誘われるようだ:20200611撮影

夜、活動する昆虫なのだろうか。とりあえず灯に引き寄せられるのは間違いないようだ。