すりガラスの向こう側に張り付いたカエルを見つめる三毛猫

羽蟻とカエルとヤモリと猫

夏になると小動物が庭に満ちる。
日が暮れると家の灯を求めて、玄関や窓のすりガラスに虫たちが集まり、虫たちを求めてカエルやヤモリがガラスにやってきて、
彼らを目当てに猫たちが窓ガラスに張り付くことになる。

群がった羽蟻、カエルやヤモリの画像があります。苦手な方はご注意を。

梅雨時の羽蟻

最近、玄関灯をなるべくつけないようにしている。
梅雨時になると羽蟻が大量発生するのである。
下はある夜の玄関灯。
彼らをすり抜けて家に入らねばならないのだ。

羽がある蟻に遭遇するとドキッとする。シロアリかもしれないからだ。今回は胴体のくびれがはっきりわかるので黒アリのようだ。ひと安心である。(シロアリは胴のくびれがなく、羽がもっと長いのだ。)

丸い外灯の明かりに集まった羽蟻
羽の生えた黒アリが灯に群がる:20190704撮影

夜のハンターその1:ニホンアマガエル

こんなふうに虫たちが集合している夜には、彼ら目当てのハンターたちも姿を現す。
この夜には玄関灯近くのよしずにアマガエルを確認。

よしずの上の夜のアマガエル
この夜のお目当は羽蟻:20190704撮影

猫たちの夏の夜の楽しみ

カエルが玄関や窓ガラスに張り付いていると、こんどは猫が彼らを目当てに待機。出入りするときには、虫やカエルが屋内に入らないように、そして猫たちが脱出しないように、注意深く素早く出入りする必要があるのだ。

上の写真の翌日もカエルが玄関ガラスに張り付いて食事である。みかんは髭を前に突き出してじぃっと下駄箱の上から観察。なかなかの忍耐力だ。

すりガラスの向こう側に張り付いたカエルを見つめる三毛猫
飽きもせず眺めるみかん:20190705撮影

お腹側からカエルを見ることが久しくなかったので、なんだか新鮮である。愛嬌のあるぷっくりお腹、踏ん張った手足がいじらしい。

すりガラスに張り付いたカエルの白いお腹
踏ん張った足が愛らしい:20190705撮影

頑張っているみかんと並んでしばらくカエルを眺めていたら、この後、捕食シーンを見せてくれた。

夜のハンターその2:ヤモリたち

夜の窓ガラスを狩場にしているのはカエルだけではない。
ヤモリはほぼ毎夜、キッチンの窓ガラスに現れる。一匹だったり複数匹だったり、玄関の方に移動していたりと賑やかだ。

すりガラスの向こうにいるヤモリのお腹
数匹のイモリが夜毎現れる:20190627撮影

カナヘビやトカゲは昼間に活動している姿を目撃するが、ヤモリたちを見かけるのは夜だけだ。
時折、不運なヤモリがどこからか家の中に迷い込む。そんな時には朝方に、亡骸になった、あるいは瀕死の、そして時には彼らの体の切れ端が廊下などにあったりする。

我が家では6匹のハンターが毎夜パトロールに勤しんでいるのだ。