2年目のアカンサスモリス・タスマニアンエンジェルの花

草丈50センチ、アカンサスモリス・タスマニアンエンジェル(Tasmanian Angel)、2年目の開花

小さいけれど存在感は抜群

2019年4月に小さなレイズドベッドに植え付けたアカンサスモリス・タスマニアンエンジェル。高さ50センチのミニサイズながら花を2つ咲かせた。

見ごたえのある斑入りの葉

タスマニアンエンジェルの葉は一枚一枚の斑の入り方が違う。

下は白いキャンバスに、スパッタリングで濃緑の絵の具を散らしたような勢いのある模様。

アカンサスモリス・タスマニアンエンジェルの葉の斑入り模様
濃緑と白のコントラスト:20200511撮影

その隣にはほとんど真っ白の葉。

アカンサスモリス・タスマニアンエンジェルの白い葉
ほとんど真っ白な葉もある:20200511撮影

深く切れ込みの入った葉の形とあいまって見ごたえがあるのだ。

アカンサスモリス・タスマニアンエンジェルの白い葉
トゲトゲした葉の形:20200521撮影

下は、渦巻くように立ち上がる葉の中から、赤い茎を持つ真っ白な花穂がニョキッと出てきたところ。

アカンサスモリス・タスマニアンエンジェル
茎の赤が際立つ:20200511撮影

花穂は矢じりのように上へと伸びていく。

真上から見たアカンサスモリス・タスマニアンエンジェルの花穂
花咲く前の真っ白な穂:20200520撮影

ズドンとまっすぐではなく、ちょっとだけ歪曲する揺らぎが、花穂にに優しい印象を与えているようだ。

スルルと伸びるアカンサスモリスの花穂
少し湾曲した感じが良いのだ:20200521撮影

下は夕暮れ時のタスマニアンエンジェルは。
暗く沈む藪の中で自ら発光しているようにも見える。

2年目のアカンサスモリス・タスマニアンエンジェルの花
夕暮れのどきの白い花:20200603撮影

ミニサイズの理由は?

アカンサスモリスは1メートルから1.5メートルほどの高さになる植物だ。我が家のエンジェルが大きくなれないのは土の量が限られているためだろうか。それとも世話いらずという情報を鵜呑みにして、無肥料なのが原因だろうか。

来年は、もう少し大きくなっておくれ。