猫のためにも虫のためにも無農薬のバラ

バラは猫がいる家でも、安心して室内に持ち込むことができる数少ない植物の一つ。虫食いでも構わないので我が家では無農薬で咲いてもらっている。

切り花に日光浴は必要ないと言うけれど

強い雨が降りそうなとき、開ききったバラを剪定を兼ねて切り花にすることがある。
背の高い花瓶にいけると猫たちに引き倒されてしまうので、我が家では下画像のように倒れようもない器に花だけを活ける。そして短時間、バラに日光浴させてみたりする。

バラ(エル)を一輪挿しに
バラ(エル)の日光浴:20220508撮影

切り花は陽に当てない方が長持ちするらしいけれど、花が喜びそうな気がするのだ。
日の光の当たり具合で花の色が変わるバラもあるし。

外の猫小屋のテーブルにバラを置くと、待っていたように猫たちがやってくる。

猫とバラ
ソックス参上:20220508撮影

植物の匂いがする水が好きなのだ。ソックスは花を押し除けて水を飲み始めた。

バラを生けた水を飲む猫
植物を生けた水が好き:20220508撮影

水に樹液が混ざることもあるから、我が家にはバラ以外の生花を持ち込むことは滅多にない。

先月、夢のように美しい芍薬の花をいただいた時も、花瓶は締め切ったキッチンにおいて、家族が集まる食事時だけテーブルに置いて楽しんだ。香りの良いラベンダーも、6月に入り蕾をもたげたヤブカンゾウ(ユリ科)の花も、庭で眺めるだけだ。
もちろん鉢植えも室内に置かない。

唯一、室内を飾ってくれるバラも、普段はキッチン、洗面台、トイレのどこかに置く。
なぜなら猫が器から引き出してしまうから。

花瓶から抜かれたバラの花
バラが抜かれていた:20220508撮影

花を花瓶から引き抜くのはクロエで、下画像では花を押し除けて飲んでいるけれど、

バラを生けた水を飲む猫
クロエもバラの水が好き:20220521撮影

こんな風になっていたりする。

猫にいたぶられたバラの花
弄ばれた痕跡

これはついうっかり猫の手の届くところにバラを放置した人間のミスだ。

猫に害のない花だから、遊んでもいいよ。クロエ。

浅いダンボール箱に寝そべる猫
君だね?クロエ:20220521撮影

5匹猫のうち、バラを襲うのはソックスとクロエのみ。バラ盗人の白パン(ツ)兄妹と呼んでいる。ソックスはデカパン、クロエはビキニを履いているのだ。