ねこじゃすり(ピンク)のパッケージを開ける

ねこじゃすり

ねこじゃすりに出会う。

買うべきか買わないべきか

悩んでいたのに、猫砂を買いに出かけたホームセンターの店頭で出会ってしまった。ヤスリメーカーさんが作った猫の舌のザラ感を再現したというアイテムだ。

ねこじゃすり(ピンク)のパッケージを開ける
ねこじゃすりを衝動買い:20180916撮影

2色展開のはずだが、店頭にはこのピンクしかなかった。

思っていたより硬めの材質。自分の腕をスリスリ、痛いぞ。
早速、ブラッシング嫌いのみかんで実験。後ろ頭をスーリスリ。

ねこじゃすりで撫でられている三毛猫の頭
みかん初ねこじゃすり:20180916

なに?と振り向くみかん。でも逃げないのでボディもスーリスリ。

ねこじゃすりで撫でられて振り向く三毛猫
なんか気持ちイイよ:20180916撮影

この後、背中、胸、首、顔とスーリスリ。スリッカーブラシだとすぐに逃げるみかんがゴロゴロを発し始めた。この後ひっくり返ってゴロンゴロン。買って良かった。

その後、エド、キコ、子猫〜ズで実験。
エドは可もなく不可もなし。
キコはもともとブラッシング好きだが、ねこじゃすりの方がお気に召したよう。スリッカーブラシよりもこちらの方が反応がいい。ねこじゃすりの細い方で目の下、頬のあたりやおでこをスリスリするとゴロゴロボリュームUPである。よしこれでまた1センチぐらいキコとの距離が縮まった気がする。

キコもみかんも短毛で毛のボリュームがない。彼女たちのように毛の厚みのない猫の方がザラザラ感をダイレクトに感じるのかな?

子猫〜ズは論外。叩き回して噛み付いて、スリスリするタイミングつかめず。今はまだオモチャと勘違いしているんだ。

ねこじゃすりと黒い子猫
それはオモチャじゃないんだよ?クロエ?:20180918

きっともう少し大人猫になったら、キモチ良さがわかるよクロエ。