クロコノマチョウ・オオカマキリ・ハスモンヨトウ

ウッドデッキを亀甲金網で囲った我が家の猫ハウス。張り巡らされた網にときおり猫以外の生き物も囚われる。

茶色い枯れ葉のような蝶:クロコノマチョウ

この蝶は猫小屋を制作しているとき、金網をあらかた張り終えたタイミングでうっかり小屋に侵入。まだ開いているところもあるのだが、自力では脱出できそうにないので虫とり網で捕獲した。

枯れ葉そっくりの茶色い蝶
猫小屋の金網でトラブっている:20211006撮影

翅を閉じて地面に降りていたら枯葉にしか見えない。

下画像はパタパタと脱出を試みている映像からキャプチャーして拡大。翅の文様からクロコノマチョウのメスと判断。

メスのクロコノマチョウ(ちょっとピンボケ)
動画を拡大して確認、メスのクロコノマチョウだ:20211006撮影

クロエの視線の先に、カマキリ

猫小屋でクロエが天井を見つめている。視線の先に何かいる。

猫が天井のカマキリを見つけた
クロエの視線の先に何かいる:20211024撮影

オオカマキリのようだ。わざわざ金網の隙間をかいくぐって入ってきたのか?なぜ?

猫小屋の天井にカマキリ
どこから侵入したんだろう?:20211024撮影

こちらも虫取り網で捕獲して、ルリマツリの茂みに放した。逃げようともせず、威嚇もせずに成り行きを思案している風情。

ルリマツリとオオカマキリ
ルリマツリの茂みにて:20211024撮影

約1分後、鎌足の手入れを始めた。これはくつろいでいると考えて良いのかな。

鎌の手入れをするカマキリ
前足をナメナメ:20211024撮影

カマキリの身繕いはしばらく続き、今度は器用に鎌で中足を抱えて舐めている。ヨガのポーズみたいだ。

真ん中の足を舐めるカマキリ
真ん中の足の手入れ中:20211024撮影

後日、猫小屋の天井近くに、オオカマキリの卵嚢を発見。産卵が目的だったらしい。冬の間に卵の引っ越しをしなければ。

華麗な文様:ハスモンヨトウ

こちらは茶々が発見。前足を伸ばせば届く位置にこの蛾がいたのだが、初遭遇した得体の知れないものをひたすら観察していた。

文様の美しい茶色い蛾(ハスモンヨトウ成虫)
複雑に絡み合う文様が綺麗だ20211019撮影

ハスモンヨトウと思われる。

そういえば、夏の間水耕栽培していたミニトマトに幼虫が1匹いたことがあった。日をおかず姿が消えたので、蜘蛛かカマキリに喰われたかと思っていたが、あの個体が羽化したのかもしれない。

紙コップの中の蛾(ハスモンヨトウ成虫)
横から見ても見事な模様:20211019撮影

とても美しい紋様の翅を持つハスモンヨトウ。かためて産み付けられる大量の卵がら幼虫が大量発生する。この庭で甚大な被害が出ないのは多種の天敵がひしめいているためだろうか。

今年の夏に見かけたものだけでも、ヤモリ、ニホントカゲ、ニホンカナヘビ、蜘蛛(数種)、オオカマキリ、コカマキリ、ニホンアマガエル、ヌマガエル、ハチ(数種)に鳥と、とにかくたくさんいるのだ。