三毛猫の耳の中を舐めるキジ猫

先住猫の絆:エドとみかん

アカネコ一家の先住猫エド&みかん

我が家には2つの群れがある。先住猫エド・みかんのA群。そして後から一家でやってきた母猫キコと3匹の子供達、ソックス・クロエ・茶々からなるB群だ。

元々は4匹だったA群猫

引っ越してきた当時、猫は4匹。ソナ、エド、みかんと、引っ越しを機に室内猫にすべく連れてきた外猫フク(小学生だった隣家の子供が学校帰りに拾ってきてなぜか我が家の食客となっていた)。

毛布にくるまる2匹の猫
大好きだったソナと一緒に:20151031撮影

けれど、2017年に、ソナとフクが相次いで亡くなり、エドとみかんの少し寂しいながらも穏やかな日々が始まった。

毛布の上に丸まって眠る2匹の猫
一緒に就寝:20181028撮影

突如野良猫一家現る

ところがウッドデッキに引っ越してきた野良猫一家を勝手に人間が2匹のナワバリに連れ込んでしまい、突然平穏な日常が壊れてしまった。

ケージの中の野良猫一家
元野良親子(母猫キコ、ソックス♂、クロエ♀、茶々♀

数で勝る、そして家族ゆえ結束の強い4匹が、エドとみかんの世界に乱入したわけで、未だ2匹と4匹は個々が深く混じり合うことなく暮らしている。
後から入ったB群はA群の存在を当然のことと受け止めているが、A群2匹は今でもフラストレーションがあるようだ。

たった2匹の群れ

A群猫エド&みかんは建物の西半分、玄関、寝室、キッチンを実効支配している。下は寝室でくつろいでいる2匹。ここにB群メンバーが入りこむこともあるが、落ち着かない様子で退出するのが常だ。

ベッドに寝転ぶ2匹の猫
やせっぽちみかんとぽっちゃりエド:20190827撮影

寝室での2匹はとてもゆったりした雰囲気で、よく寝ているエドのそばにみかんが毛づくろいをねだって近づいて行く。

三毛猫の耳の中を舐めるキジ猫
耳掃除中?:20190206撮影

お互いに毛づくろいする微笑ましい様子がひとしきりあり、その後、最終的にいつもレスリングになる。始めるのはみかん。

じゃれあいレスリング中の2匹の猫
時々取っ組み合い:20190608撮影

短時間のじゃれあいののち、大抵エドが根をあげてその場を離れるのだ。

10歳の年齢差

エドは2006年生まれ、みかんは2015年、10ほど年が違う。
年の順でいえば、エドがみかんを置いていくことになる。
人間たちはその時が来ることを憂えている。

寝転んでキジ猫を見つめる三毛猫
みかんはエドが大好き
手を伸ばしてキジ猫の手にタッチする三毛猫
エドじいちゃんの手にタッチ:20190913撮影

みかん1匹のA群になりませんように。
エドがギネスに載るぐらい長く生きてくれますように。

毛布の上で寄り添う2匹の猫
先住猫のエドとみかん:20190827撮影