ウッドデッキ屋根と窓の庇の隙間のくつろぎスペース

ウッドデッキを金網で囲んで作った猫ハウス。最近猫たちに人気のスポットはウッドデッキのポリカ屋根と庇の隙間だ。午前中、穏やかな日差しがある時間帯、板金された庇の上はポカポカ暖かく居心地の良い場所になる。

猫小屋で朝日を満喫する猫

朝目覚めた猫たちはまずとりあえず外に出る。建物東に面した猫ハウスは午前中の日向ぼっこに最適な場所なのだ。

猫小屋のガラス越しに朝日を浴びる2匹の猫
クロエとソックス、朝一番の日光浴:20211028撮影

下画像ではみかんとソックスが同じテーブル上でくつろいでいる。A群みかんとB群がこんなに近くでのんびりしているのは奇跡に近い光景だ。

ウッドデッキの猫小屋で日光浴する猫たち
みかんもB群とともに:20211026撮影あ

猫心をそそる、ポリカ屋根と庇の隙間

猫ハウスができた初日から、ウッドデッキの屋根と庇に挟まれて猫が昼寝を楽しむようになった。高い位置にあるし、背中にほのほのと陽の暖かさも感じるし、気持ちよさそうだ。

ウッドデッキの屋根と庇の隙間で寝ている2匹の猫
この窮屈さが心地よい:20211012撮影

庇までどうやって登るかというと、下画像の右上に写っている茶色いケージの横桟を足掛かりに、外側を駆け上りケージ天井から庇へ到達。

猫小屋から外を眺める猫
テーブルの上にクロエ、椅子にはソックス:20211016撮影

あるいは亀甲金網に爪をかけて張り付くようにして登る。

金網を使って上下する猫たち

下画像はキコ。ぽっちゃりながらも、庇に登るためならば!と頑張っているところだ。

猫小屋の金網をつたい登るぽっちゃり猫
キコも頑張ってます:20211025撮影

今のところ庇に登るのはB群だけでみかんをここで見たことはない。下画像はクロエ。

庇の上の黒猫
金網を伝って庇に登る:20211117撮影

降りる時にも庇から身を乗り出し、金網を爪がかりに使っている。金網はタッカーで止めてある。

猫小屋の金網を伝って下りようとする猫
庇と金網が少し離れている。慎重なクロエ:20211117撮影

金網の緩みがないか毎朝チェックしているが、タッカーはしっかり猫の体重を支えている。

ただ毎日の猫の上下運動で、金網を止めつけている木材が削れていく。

猫小屋の柱に刻まれた猫の爪あと
タッカーは緩んでないが柱が傷だらけに:20211117撮影

猫ケージの天井を外して階段がわりに

いっそのこと階段をつけようかと思い立ち、猫のトイレ部屋に設置しているケージを階段として使用することにした。
外の広い猫小屋ができてから利用頻度が減っているケージだ。

横に倒してゴトゴトと小屋に運び込んだところ、クロエとソックスがクンクンと捜査開始。

増設中の猫ケージを偵察する猫2匹
クロエとソックス:20211117撮影

庇への到達ルートとして一番酷使されている箇所に天井部分を外した猫ケージを置いた。

既存の止め付けパーツだけだと遊びが多くグラグラする。結束バンドであちこち締めたら幾分か安定感が増した。ケージ天井部のパネルは外しているので、上部四隅のパーツが外れないようにここも結束バンドで固定している。

ケージを階段がわりに使う猫たち
天井部分は取り外してある:20211118撮影

猫たちは庇への階段として、あるいは今までよく見えなかった北側の縄張りを監視する物見台として活用している。

ソックスの金網のぼりは継続中

庇への金網のぼりルートはケージ階段ができたことで使われなくなったが、ソックスだけはあちらこちらで金網上りを続けている。

ソックスのは登るというより飛びついている感じだ。ほぼ一足飛びに下画像の高さまで到達。そしてすぐに床に飛び降りる。エネルギー発散にもってこいのアクティビティらしい。

猫小屋の金網をつたいのぼる猫
ダイナミックなソックスの金網のぼり:20211117撮影

毎朝の金網チェックは欠かせないということだ。