シュロ縄を手にした黒猫クロエ

おそらく犯猫は黒猫クロエ、カーテンレールを壊す

2歳猫兄妹の悪行三昧

家に猫がいると、色々想定外のことが起こるもので、帰宅するとカーテンレールが壊れて外れかけていた。

2018年生まれの兄妹猫、ソックス、クロエ、茶々は、人間なら25歳ほどの年齢だろう。3匹ともまだ子猫気分が残っていて、でも人目を避けることだけは学習していて、こっそりカーテンを登っているようだ。

外れかけ、爪痕残るカーテン

奴らの悪行のよくある痕跡が、外れかけたカーテン。

猫が外したカーテン
外れるだけならまだマシである:20200805撮影

まあ、これなら、かけなおすだけですむ。が、カーテン生地によっては、爪穴がしっかり残るものもある。

下画像の遮光カーテンには、猫手で掴んだ位置が証拠として残されている。

カーテンの穴は猫の爪痕
登ったルートが推測できる:20200805撮影

東に面した窓にあるこのカーテン。朝陽がさすと暗い布地に爪痕が星のように浮かび上がる。まあ、これも許容範囲だ。

カーテンレール破損す

で、今週やらかしてくれたのが下の画像。
化粧合板ごと金具が2つ外れ、カーテンと猫の重みでカーテンレールがグニッと折れ曲がっていた。

猫の体重で外れたカーテンレール
おそらく犯猫はクロエ:20201027撮影

この後、レールを取り外して連結をばらし、一本にして歪みを補正し、窓枠上部に直にネジつけた。応急処置である。

犯猫は(おそらく)黒猫クロエ

容疑者として浮上しているのが下画像のクロエ。
とにかく高いところに目がない。

シュロ縄を手にした黒猫クロエ
クロエは猫一倍遊びが好きなのだ:20200906撮影

先日も別のカーテンレールにぶら下がって懸垂体勢になっているところを目撃したのだ。
「クロエ〜!」と重低音で名を呼ぶと、慌てて降りた(落ちた)が。

まあ、とにかく、怪我だけはせんでくれと言い聞かせているところだ。