瀕死のヤモリを見つめる3匹の猫

ヤモリの受難:家猫の狩りは遊びなのである

ヤモリを食べなくなったキコ

部屋の隅にB群猫たちが集まっている。何事かとのぞいてみると、瀕死のヤモリを取り囲んでいた。野良猫時代のキコにとって貴重な食料だったはずのヤモリ。でも今、家猫キコにはご飯ではなくなったみたいだ。

瀕死のヤモリを見つめる3匹

散々弄んだ後らしい。すでに弱り切ってしまった小さなヤモリを見つめている3匹である。所有権はキコにあるらしく、ソックスとクロエは手を出せないようだ。

瀕死のヤモリを見つめる3匹の猫
隅っこで何してるの?お前たち:20200717撮影

そっとくわえてひっくり返したり、ちょいちょい触ったりするキコを子供たちは離れたところから見つめている。

母猫が持つヤモリに興味津々の2歳猫2匹
クロエとソックスは手が出せません:20200717撮影

そろそろ取り上げようと近づくと、キコが久しぶりの「シャー」を聞かせてくれた。おもちゃを取り上げても「シャー」はないので、むかし大切に食べていたヤモリにはやっぱり執着があるのだな。

イモリの所有権を主張する猫
私の獲物っだって?キコ?:20200717撮影

茶々が再び赤ちゃん返り

その後、キコをブラッシングしていると、茶々もブラッシングをねだりにやって来て、2匹並べて交互にブラッシング。

2匹くっついてのグルグル合奏が始まり、ママの横ですっかり子猫気分になった茶々が、キコのお腹を弄り始めた。

母猫のお乳を弄る2歳の猫
茶々の赤ちゃん返り:20200717撮影

茶々は2018年4月生まれの猫、もう2歳。
それでも時々こうして赤ちゃん返りをしてしまう。

チュパチュパ大きな音を立てながらママのお乳を吸うことしばし。そのうちキコがあっさり立ち上がっていってしまい、取り残された茶々は口元に違和感があるのか舌をペロペロ出し入れしていた。

チュパチュパが終わって口元を舐める2歳の猫
ぺろぺろお茶々:20200717撮影

クロエもソックスも、今でもキコ母さんによく甘えるけれど、お乳を吸うのは茶々だけだ。このチュパチュパが原因でキコのお乳まわりは今でも禿げている。もちろんお乳は全然出てないはずだ。

茶々のチュパチュパがいつまで続くかわからないが、キコも母猫気分を楽しんでいるようだし、濃密なコミュニケーション手段として機能しているなら心配することでもないだろう。