ヒビ割れまくりの荒れた床材には被覆性の高い塗料を

5年前に塗り直したウッドデッキ。撥水性も落ちてきたようなので梅雨が来る前にと再塗装した。

まずは5年前のウッドデッキ再塗装のことを

下画像は、5年前の床。これは高圧洗浄をかけた後、数日かけて乾燥した時に撮影したもの。この家は以前借家として使われていて、ウッドデッキのメンテナンスは皆無だったと思われた。

かなり痛んだウッドデッキ
高圧洗浄後。表面がかなり傷んでいる:20170515撮影

ディスクグラインダーで塗装はぎにチャレンジするも途中で断念

最初は浸透性の塗料(キシラデコールなど)を使うつもりで塗装剥ぎに着手。使用したのはディスクグラインダー。

所々のヒビ割れもついでに削ってしまえと張り切ったものの、平滑に削るのは至難のわざ(実はこれが初めてのグラインダー体験)。それに、気の遠くなるような時間がかかるであろうとの現実に打ちのめされ作業を中止した。

ウッドデッキの塗装剥がしをディスクグラインダーで
途中で力尽きた・・・:20170518撮影

ところで、このリョービのディスクグラインダーGー111P、ホームセンターでいろんな機種を触ってみて一番手にしっくりきたのでこれを選んだ。握りが細く扱いやすいのだ。

リョービのディスクグラインダーG-111P
極細握りが選択の決め手:20170518撮影

被覆性の水性木材保護塗料「ガードラックアクア」

荒れた木の表面を塗料でカバーすることに方向転換。水性の塗料を探して見つけたのが「ガードラックアクア」。防虫、防腐、防カビ成分もあり、撥水性も高い。それに被覆性が高いので下の塗装と違う色も塗れる。

とりあえずは小さなボトルを買ってきて端っこで試し塗りしたのが下画像。1回塗りしてこんな感じ。色は「マホガニー」にした。

傷んだウッドデッキをガードラックアクアで再塗装
マホガニー色で試し塗り:20170520撮影

かなり傷んだ木材で、吸い込みが激しかった。1回塗りで十分に撥水する塗料だが、木の状態から2回塗りを施した。

そして、塗り完成直後の画像が、なぜか無い。何で撮影してないんだろう・・・。

再塗装から1年経過

散った薔薇の花びらをウッドデッキ上で撮影したものがあった。2度塗り塗装をして1年後のものだ。ウッドデッキには屋根がある。ここは頻繁には雨がかからない場所だ。

床に散った白薔薇の花びら
再塗装1年後:20180507撮影

再塗装から4年後

ウッドデッキの端にとまったトンボを撮影した画像があった。ここは上がり口、靴底で擦れるし、陽は当たるし、雨が降ると足台に置いてあるブロックが水を跳ねて濡れてしまう。つまり一番過酷な場所だ。かなり塗装が傷んでいる。

トンボ
再塗装4年後:20210904撮影

さすがにあちこちの撥水力がなくなってきて、年末ごろから塗装を考え始めたのだけれど、ほんとは3年ぐらいで塗り直ししたほうが良いらしい。

梅雨が来る前に絶対にやらねばならんと切羽詰まりながらも、寒い間は作業するのが億劫で、4月になってようやく塗り直しに着手である。

高圧洗浄後、ガードラックアクアで再、再塗装

下は高圧洗浄後の床。ここは陽がガンガン当たるが、台風時にしか濡れないところ。所々はげているのは高圧洗浄のせい。表面を整える作業を省いてこのまま塗装に入る。

前回塗装から5年後のウッドデッキ
高圧洗浄後:20220410撮影

塗料は迷わずガードラックアクア。以前購入したホームセンターで見つからず、通販で入手した。色は今回もマホガニー

ガードラックアクアでウッドデッキを再塗装
今回も迷わずガードラックアクア:20220410撮影

2度塗りも覚悟していたが、今回は1度塗りでいい感じにコーティングされていく。下画像上方の艶のある部分が1回塗りをした直後。風のある乾燥した天気の良い日で、塗るとすぐに表面が乾く。手前はこれから塗る部分。ひどいヒビ割れがあるが気にしない。

再塗装中のウッドデッキ
奥は一回塗り、手前は未塗装:20220410撮影

ヒビ割れがひどい箇所にはタップリ乗せた塗料を刷り込むようにして吸い込ませ、1回塗りにとどめた。

傷んだ木にガードラックアクアを塗装
ヒビ割れにも擦り込むように塗装:20220410撮影

葡萄とテントウムシにもついうっかり塗装

ウッドデッキには葡萄を誘引していて、柱を塗装中に塗料が枝にポトっと垂れてしまった。こちらは後で樹皮を剥がしたのだが、災難だったのはテントウムシ。ちょうど蛹化途中だったのでここだけ塗り残すつもりが、この後、落下塗料の直撃を受けた。羽化は無理だと思う。申し訳ないことをした。

塗料のついた葡萄の枝と蛹化中のテントウムシ
誘引している葡萄に塗料がついてしまった:20220409撮影

タンポポマットを設置

今回、ウッドデッキの床材の隙間に詰まった砂利や小枝などの除去に手間取った。我が家は土足派。そこで導入したのが「タンポポマット」

ブロック3つを並べた上に置いてみた。タンポポ文様ではないが可愛いネーミングのどことなく懐かしい趣のマットだ。

タンポポマット
ウッドデッキの上がり口にタンポポマットをセッティング:202200416撮影

3年後に塗装するとして、次は2025年の予定である。