黒猫を両手で抱いて寝るキジ白猫

マッサージチェアはB群猫たちの牙城

マッサージチェアに猫ベッドを置いたのが間違いでした

最近の家人の不満はマッサージチェアが自由に使えないこと。掃除の時にちょっと猫ベッドをマッサージチェアに置いてしばらく忘れていたら、いつのまにかB群がinしていた。
気持ち良さそうに寝ているので撤去できずにいるうちに、彼らの定番の寝場所になってしまったのだ。

猫たちはマッサージチェアの合皮で爪研ぎするのが大好きだ。なので彼らの爪が及ばぬよう、数枚の布で覆って、その上に猫ベッドを置いている。
背もたれが高く、腕を指圧する機器の部分が座面の両側に盛り上がっているために、とにかく囲い込まれ感が彼らのツボなのだろう。

大抵は2匹でin

特にキコはここが大好きで、時々他のB群メンバーも一緒に寝ている。母子べったりではなくなったが、未だに仲の良いB群なのである。

下は茶々とキコ。茶々も随分と大きくなったが、こうしてみると顔の骨格はまだまだ幼い。

一緒に横たわる親娘猫
眠たそうなお茶々:20190222撮影

クロエはほぼキコと同じくらいの大きさだ。3匹の猫の中で一番甘えん坊かもしれない。

黒猫を両手で抱いて寝るキジ白猫
クロエの顔の毛づくろいを終えたキコ:20190326撮影

ソックスは、一時期キコと距離を置いている時期があったけれど、最近はわだかまりなく一緒に眠ることがある。
ただ、あまりしくこくキコにスリスリすると、キコが軽くひっぱたいて教育しているようだ。

しがみついて寝ている2匹の猫
キコとソックス:20190405撮影

窮屈そうに時々3匹

冬の間、夜はコタツの中で寝ることが多かったB群。3月ごろからマッサージチェアをよく使っている。

パソコン部屋兼寝室だった部屋から追い出された私は、現在このすぐそばのソファベッド暮らしである。
眠る時、起きた時、彼らと目があうことが多い。
下は、夜中にベッドサイドの灯りをつけた時の一枚。ソックス眠そうだ。

いきなりの明かりに眠たげな3匹の猫
夜寝る時も使用中:20190318撮影

この時、茶々はコタツの中で寝ていた。みんなもう一匹でも平気なのである。

稀に4匹

3匹でも窮屈なマッサージチェアに4匹が寝ようとするとこうなる。どうやらキコとソックスが寝ていたところにまず茶々が、その後無理やりクロエが乗り込んできた模様。

それぞれのポーズでくつろぐ4匹の猫
足どけてあげようよ、お茶々:20190401撮影

ああ、背もたれの布が落下してきている。彼らがいない隙にかけ直さねば。