リクシルアメージュZ便器(フチレス)・タンクセット、NewPASSO、壁付キャビネット

トイレリフォーム オプティマスホワイトで壁を塗る。

一体化トイレをタンク・便器・便座別個のトイレに交換

シャワートイレが壊れた

引っ越した時から付いていたトイレシャワートイレが故障。この機会に便器・便座・タンク一体型トイレからベーシックなものに交換し手洗いを別個につけることにした。古い床も貼り替えである。
工事は大工さんと水道屋さんにお任せするが、ちょこっとできるところは自分で。例えば汚れた壁の処理とか。

リフォーム前、一体型のトイレ
リフォーム前

トイレ工事のスケジュール

工事初日便器を撤去して、2日目に床貼り、3日に壁塗り、4日目に便器と手洗いの設置という日程。
あまり時間が取れないので、壁の処理は汚れがひどい下半分のみ。壁付キャビネットを配置する向かって右側だけ行うことにした。

1日目:旧トイレ撤去、床を合板で貼る

朝から水道屋さんと大工さんがやってきて2人で便器撤去。
この日に水道屋さんが配管を終え、大工さんが廊下の高さに床を上げて合板を貼ってくれた。この日は全く自分の作業はなし。

2日目:クッションフロア貼り

クッションフロアは前回のリフォームの余り。大工さんがカットと配管の穴あけまで準備してくれたものを自分で貼り貼り。
前日の夜、ホームセンターでクッションフロア用のアクリルエマルジョン系床材接着剤「ボンドFL200」を買って来たんだ。くし型ヘラ付属で助かった。
クッションフロアの壁際は上から巾木で抑えるが、入り口部分には巾木がないのできっちりとボンドで貼るようにとの注意を大工さんから受けた。

トイレ床リフォーム中
床貼りシーン撮り忘れ・・・

上の画像は貼り終えた後、なんと作業に一生懸命すぎてボンドを広げている写真を撮るのを忘れたのだ。

3日目:オプティマスを手抜きで塗る。

漆喰もいいなあと思ったが、とにかく速乾性が欲しい。廊下の壁を塗った時のオプティマスの残りを塗ることにする。オプティマスは抗菌・消臭・防汚・防カビ機能があるのでトイレにも最適かと。
この塗料はビニール壁紙の上から塗ることもできるが、それにはプライマーが必須で今回手元にない。壁紙を剥がしで合板に直塗りすることにする。(本当は合板にもプライマーが必要とあるが、他のアクリル塗料が直塗りできるので手抜きをしてみることに。これも実験だ。)

塗りの下地処理

壁紙を剥がすと下紙が薄く残る。それを水吹きと濡れ雑巾で湿らせて剥がしていく。結構根気のいる作業。時々ペリ〜っと一気に広範囲に剥げるとものすごく嬉しい。とにかくコツコツ。

合板塗装の下地処理:壁紙を剥がす
塗装前の下地処理、壁紙の下紙を剥がす

マスキングをして一回塗り

1回目の塗り。
塗料の吸い込みもさほどひどくないので直塗りでいけそうな雰囲気。マスキングは紙テープの上にビニールの養生テープを重ね貼り。床もマスカーでしっかりカバーしている。ヌリヌリしていると他のことに無頓着になって思わぬところを汚してしまうのだ。

オプティマス(optimus)ホワイト塗装1回目
塗り1回目乾燥中

端っこやすみは筋交いハケ、あとはローラーで塗っている。一回目塗って1、2時間放置。ムラがあるが2回目塗りで消える。
壁に段差があるのは以前のリフォームでタイル張りの上に合板を貼り付けているためだ。
床に接する部分の塗り残しは巾木で隠れる部分。手抜きである。

2回目塗り終了、除湿機で乾燥させる

乾かないうちにマスキングを除去。明日までに完璧に乾いてほしいので除湿機をフル稼働。オプティマスのつや消しのザラ感が合板の質感をカバーしてくれた。

塗料乾燥中の除湿機
塗り終えて乾燥中

合板の断面はゴム手袋をした指で塗料を抑えるように盛った後、下からのローラーではみ出した塗料をならした。

オプティマス塗料つや消しのざらざら感
ベニヤの切り口を、塗料で覆った。

もう片方の壁はダイソーのリメイクシートで

凹凸のある壁紙に汚れが入り込んで取れない下側のみ、ダイソーで購入したリメイクシートを貼ってみた。
圧着ローラーを持っていないので、コロコロクリーナーに紙を巻いて代用。これはクッションフロアの圧着にも活躍。

ダイソーリメイクシートとコロコロ
ダイソーリメイクシートとコロコロ

ちょっとシワが寄っているのはご愛嬌。こちらの壁には手すり以外つけないので、またいつか手を入れるつもりだ。上端はシートをカットして横に貼った。シートが薄く、下に貼ったシートの縦ラインが透けて見えるので2枚重ねて横貼りした。

ダイソーのリメイクシートを貼る
ダイソーリメイクシートを貼る

4日目:トイレ、手洗いキャビネット、手すり設置

大工さんと水道屋さんが再び朝から作業。
塗料の乾燥は問題なし。右側の壁に手すりとキャビネットを固定する時に、ビスが合板の下のタイルに当たって入らないため、先をカットしてねじ込んだとか。左の壁のタイルは撤去されていたのでビス止め問題なし。
お昼には作業終了。トイレが使えるようになった。

リクシルアメージュZ便器(フチレス)・タンクセット、NewPASSO、壁付キャビネット
リフォーム完了

リフォレにするか悩んだが・・・

今回のリフォームはリクシルのアメージュZ便器(フチレス)・アメージュタンクセット、NewPASSO、壁付キャビネットだ。
便座の後ろにキャビネットがセットされていて配管が収納されるリフォレというシリーズも考えたが、アメージュZの「フチレス」便器の魅力的に負けた。ズボラだからな、私は。水回りは掃除しやすいのが一番!と思うのだ。

リクシルのアメージュZ便器(フチレス)
魅惑のフチレスなのだ

塗料は思わぬところに・・・

トイレの床や壁を汚さぬように気をつけていたら、自分を忘れていた。今回も黒パンツのお尻に塗料が!どうやら反対側の壁にリメイクシートを貼っている時にやっちゃったらしい。