シロタエギクを背景にした葉牡丹の花

シロタエギクと葉牡丹

一昨年2017年の12月に作った、シロタエギクと葉牡丹とジュリアンの寄せ植えを、そのまま枝垂れ梅の根元に地植えした。シロタエギクも葉牡丹も無事根付き、葉牡丹は今2年目の花をつけている。

お正月の玄関の賑わいに対で作った寄せ植え

ちょっと花数が足りず土が見えているのが寂しいけど。初めて作った寄せ植えだった。

葉牡丹とシロタエギクとジュリアンの寄せ植え
年を越した寄せ植え:20190315撮影

暖かくなって、葉牡丹の花芽が見えている。葉牡丹はこの後面白いようにキューっと背を伸ばし黄色い花をつけたのだが、画像が残っていない。

ちょっと疲れた葉牡丹とシロタエギクとジュリアンの寄せ植え
年を越した寄せ植え:20180315撮影

6月:シロタエギクが優雅に開花

ジュリアンが終わり、シロタエギクが大きく成長。しなやかに背を伸ばし黄色いコロンとした花をつけた。
スルーっと花首を伸ばした優雅な女性のようだ。繊細なレースのドレス。

シロタエギクの花
レース模様となよやかな花首:20180613撮影

2018年秋:葉牡丹の元気がなくなる

シロタエギクの花が終わり、鉢が窮屈そうになった頃。葉牡丹を処分しようかと悩む。元気がないようでも葉の中心部分は生き生きしているし。

シロタエギクと葉牡丹の寄せ植え処分時期
かっこ悪いけどまだ生きてるし・・・躊躇:20180719撮影

2018年秋:地植え

鉢植えから抜いて、西の枝垂れ梅の根元に地植え。鉢からスポッと抜いて鉢を崩さずに埋めた感じだ。
下の画像では、葉牡丹の下葉が黄色に変色。キリンのような模様が浮かび上がって、これはこれで綺麗。

二度目の冬の葉牡丹
黄色と紫は補色なのだ:20181102撮影

↓元気が無くなっていた葉牡丹、寒さ到来とともにシャキッと活力がみなぎる。

二度目の冬を迎え、再び元気になった葉牡丹
二度目の冬の葉牡丹:20190228撮影

2019年4月:葉牡丹2年目の開花

今度は撮影忘れなかった。葉牡丹も多年草なのである。
何年かこの場所でシロタエギクとコンビを組んでくれたら嬉しいのである。

シロタエギクを背景にした葉牡丹の花
葉牡丹2度目の春の花:20190402撮影