廊下で猫毛玉の匂いを嗅ぐ猫

春が来た!猫毛玉、ふたたび

猫の毛皮がえのシーズン到来。スリッカーブラシで取り溜めた猫の抜け毛で、B群お気に入りのおもちゃ、「猫毛玉」を作った。

「猫毛玉」とは、猫の抜け毛を丸めただけのボールである

下の画像が「猫毛玉」。
クンクンしているのはクロエである。
1匹の毛ではなく、家族総勢、全猫メンバーの毛が混じり合ったものだ。

猫の毛で作った猫毛玉を嗅ぐ黒猫の鼻
クロエ、久しぶりの猫毛玉を嗅ぐ:20190413撮影

スリッカーブラシで取り溜めた抜け毛が片手いっぱいぐらいに溜まったら掌で転がしてボール状に整えるのだ。

猫毛玉の原材料は猫の鼻の及ばぬところで保管すべし

我が家はカエルのゴミ箱に猫毛をためている。でも油断すると掻き出して遊ぶ輩(下の画像はソックスだ)がいる。
引っ張り出してはフガフガクンクンするのだ。貴重な原材料なので、猫の手の届かぬところに保管する必要がある。

ゴミ箱を漁る猫の背中
油断すると猫毛を盗む奴がいるのだ:20190327撮影

スリスリ音=新品猫毛玉

猫毛玉を作るときに、手のひらをすり合わせる音がする。
子猫時代に猫毛玉でさんざん遊んだソックス・クロエ・茶々にとって、「スリスリ音」=「新しい猫毛玉」という思考回路になっている。作り始めると、さほど大きな音でなないのに聞きつけて集まってくる。眠っていても起きてくるのだ。

カエルのゴミ箱とスリッカーブラシと2匹の猫
毛玉を丸める「スリスリ」音がすると飛んで来る2匹:20190413撮影

新品の猫毛玉を廊下に投げて追いかけさせること数回。
軽く、爪のかかりがよく、よく転がるので、あとは猫たちだけでもよく遊ぶ。
下は遊び疲れたクロエが猫毛玉から目を離したところにやってきたキコ。右上に見えるのはソックスの足、猫毛玉が気になるのだ。

廊下で猫毛玉の匂いを嗅ぐ猫
クロエが遊び疲れたところでキコ登場:20190413撮影

不思議なことに猫毛玉に夢中になるのはB群のみ、エドとみかんはさほど興味を示さない。目の前に転がっていればスンとひと嗅ぎぐらいはするが。

消える猫毛玉

だが、猫たちは猫毛玉をすぐになくしてしまう。
大抵なくすのはクロエだ。
猫毛玉がとりわけ大好きなクロエは独り占めしようと咥えて持ち運ぶ。そして邪魔が入らぬところで遊んでいるうちに見失ってしまうのだ。

廊下に寝そべる黒猫と足元の猫毛玉
クロエは猫毛玉を咥えて持ち運ぶ:20190413撮影

もう少し、暖かくなったら猫毛の収穫量が上がる。
猫の頭数も増えたことだし、1年分の猫毛玉を作りためできれば良いのだが。

スリッカーブラシをかじる猫
スリッカーブラシをやっつけるソックス:20190423撮影