先住猫みかんに優先権があるようで

建物東に面したウッドデッキを金網で囲って作った猫小屋には、長い庇が内包されている。板金された庇が朝日に暖まった頃合いに猫たちが日向ぼっこに登ってくる。

庇へ至る階段がわりに、天井パネルと扉パネルを外した猫ケージを置いていて、猫たちは各ステップをトントンとリズミカルに登って、庇とポリカ天井に挟まれたポカポカスペースに這い込む。

階段がわりに天井パネルを外した猫ケージ
上段にキコ、下の黒い耳はクロエ:20230117

茶々vs.みかん

ポリカ屋根の桟で区切られた空間には2匹ゆったり入れる余裕があるのだが、階段を登ってきたみかんは、茶々がいるのを見つけて立ち止まった。みかんは先住猫なのだ。

庇に寝ているキジ猫を見上げる三毛猫の後頭部
この日は茶々が一番乗り:20230105撮影

この家に4匹で引っ越してきたみかん。
白猫そな、キジ猫フク、キジ白のエドが亡くなって、たった1匹の先住猫になってしまった。

対する後入り猫4匹。母猫キコを筆頭に元子猫のソックス、茶々、クロエ。みかんは縄張りを削り取られる日々に少なからずストレスを感じてきた。

お気に入りスポットに寝そべっている茶々を見つけて、おそらく朝の爽やかな気分に水を差されたキモチなのだと思う。

しばしステップに立ち尽くしていたみかんだが、茶々を避けて空いているスペースに這い込んでいった。
そして、ちょっと強気に出てみるみかん。そっと目を逸らすお茶々。

先住猫の威光はまだ有効なのだ。

庇の上の2匹の猫
みかんの視線に目を逸らすお茶々:20230105

みかんvs.キコ

キコはみかんに遠慮がちで、いつもは避けているのだが、ある朝トントントンと走り上がってきた勢いで、ついうっかりみかんがいた庇に入ってしまった。

「え?なんでアタシがいるところに入ってくるの?」とみかん。「しまった!」と縮こまるキコである。

庇の上の2匹の猫
ついうっかりみかんのパーソナルスペースに入ってしまったキコ:20230117

キコのすぐ後ろを登ってきた茶々は「危なかった〜」という感じかな?
別の区画ではソックスが平和に眠りこけている。

庇の上の猫たち
我関せずのお茶々とソックス:20230117

キコは1分も庇に留まらず、みかんを刺激しないようにスローな動きで降りていく。それをジイッと見つめるみかんである。

庇からそっと降りるキジ猫
そうっと庇から降りることに成功:20230117

いや、ほっとした。高所でケンカすると危ないからな。

みんな、仲良くやっておくれ。