ザルいっぱいの頂き物の生椎茸

椎茸をもらった(大分県は干し椎茸の生産量日本一なのだ)

大相撲の優勝力士に贈られる椎茸トロフィーほどの量ではないが、生椎茸をいただいて、猫に邪魔されつつせっせと干し椎茸を作っている。
知人が持ち山で栽培したものだ。
ついにはホダ木までいただき、秋には自家製椎茸を食べることができるかもなのだ。

原木栽培の生椎茸をいただく。

「春の椎茸のシーズンはもう終わりだが、この間の雨で出て来たので」とのこと、ありがたいことである。
いただいた生椎茸は「椎茸の佃煮」、「椎茸の天ぷら」、「椎茸のバター炒め」、「焼き椎茸」と大量消費メニューを連日作って堪能。
食べきれないものをこの連休中に干し椎茸にした。

ザルいっぱいの頂き物の生椎茸
原木椎茸をいただいた:20190423撮影

南に面したウッドデッキ上で天日干し。
時々ひっくり返し、乾燥具合をチェックする。

天日干し中の椎茸
ウッドデッキで数日間干す:20190505撮影

数日にわたり時間差で椎茸をいただいたので、上の写真には干して3日目の椎茸と、いただいたばかりの生椎茸が写っている。

猫たち、椎茸を襲う。

一歳になったばかりの「ソックス」「クロエ」「茶々」の3兄妹は珍奇なものにはとりあえず探りを入れてくる。

夕方、乾燥途中の椎茸をザルに取り込んでテーブルの上に置いておいたら、クロエがちょっかいを出しに来た。

干している椎茸をひっくり返す黒猫
コラ!クロエ!!:20190424撮影

慌てて乾燥途中の椎茸をキッチンに運び、猫から隔離。
湿気が戻るのを危惧して、夜は除湿機をかけっぱなしにしてみた。

猫たち、椎茸をボールがわりにする。

兄妹猫たちには1日の中に運動会タイムというのがある。
廊下は猫が全力疾走できる長さがあるので、足音凄まじく走り回り、じゃれあい、ジャンプし、物を蹴倒す。
結構な賑やかさだが、毎日であれば人間たちは慣れっこになっている。

が、奴らが夢中になって転がしている何か黒いものが。
毛玉ボールに見えるが、転がり方がなんとなく違う。
近づいてみると、乾燥した小さな椎茸であった。

干し椎茸と猫
ソックス、それはオモチャじゃないぞ、椎茸だ。:20190505撮影

猫に害があるとは思えないが、即、没収!
困った猫たちである。

干し椎茸完成!

猫たちに邪魔されつつも幸い晴天が続き、時間差でもらった椎茸をそれぞれ3日ほど干したところでカリカリの干し椎茸が完成。
乾燥剤を入れてジップロックで保存である。

ジップロックに入れた自家製干し椎茸
ジップロックで保存

秋にはまた、椎茸のシーズンがやってくる。それまでこの干し椎茸を大切に使うのだ。

椎茸のホダ木をいただく。これって大分県あるある?

その後、椎茸の菌を埋め込んだホダ木をいただいた。
風通しの良い日陰に置いておけば、秋になったら椎茸が出て来て面白いぞと持って来てくれたのだ。
椎茸はいざ知らず、ホダ木までいただけるというのは大分県あるあるなのだろうか?

ブロック塀にたけかけた椎茸のホダ木
ホダ木をもらった

建物の北側のブロック塀に立てかけた。直射日光が当たらない、明るい日陰だ。
梅雨になるとブロックに苔が生えるような場所でもある。
椎茸に良い環境であれば良いのだが。