ノートに殴り書きした猫のスケッチ

そうだ!猫の絵を描こう!:昔のスケッチが出てきた

写真もいいけどスケッチもね

本の整理をしていて、パラパラとめくっていたら、本の裏表紙にみかんの後ろ姿のスケッチがあった。
ブログを始めて写真を撮る習慣はついたが、最近絵を描くことはぱったりなかった。

描いたことを忘れていたみかんのスケッチ

確かに私のスケッチだが、いつ描いたかはっきりと覚えていない。首と肩の間にくぼみがある。そうするとみかんが首輪をしていた頃のものだ。2、3年前か。

猫(みかん)の後ろ姿のスケッチ
本の裏表紙にあったスケッチ:3年くらい前の絵だと思う

最初、覚えがなくてびっくりしたが、かすかに記憶が蘇ってきた。

本の見返しの紙のザラザラ感が描きやすそうで、たまたま身近に鉛筆があって、そこにみかんがいたのだ。

猫の絵を描くのは、撫でるのと同じ

20年前に書いた猫のスケッチがある。あの頃はもっと頻繁に鉛筆を握っていた。

下のスケッチの1つには2004年の日付。その頃にいた猫たちのものだ。右上はチビ、後の2枚は小太郎だ。

ノートに殴り書きした猫のスケッチ
20年ほど前のものだ

ルーズリーフやコピー用紙に殴り描いたものだが、鉛筆の線を目でなぞるとその線を描いた時の手の感覚が蘇る。

その手の記憶は彼らを撫でる時の感覚と似ているようだ。

なので、絵を描こうと思う。