カエルが姿を消したウッドデッキ

(閲覧注意)ニホンアマガエルのspotsとcamoの旅立ち

ウッドデッキで水耕栽培中のサヤエンドウに住んでいた2匹のアマガエルのspotとcamo、彼らの家である水耕栽培のサヤエンドウが虫食いとうどんこ病で元気がなくなってきた。日差しはどんどん強くなる。
そしてある日、彼らは消えた。

アマガエルの画像があります。苦手な方はご注意を!

ウッドデッキの手すりが彼らの定位置

同居中のニホンアマガエル、spotsとcamo。ほとんどの時間をサヤエンドウの葉陰が落ちるウッドデッキの手すりで過ごしている。

丸々とした2匹のニホンアマガエル
右がcamo、左がspots:20190522撮影

1匹仕様のエンドウ葉ベッド

手すりの影が落ちるエンドウの葉っぱベッドもお気に入りの場所の一つ。どうやら1匹用サイズの葉っぱらしい。
spotsは長くこの葉の上に留まっていたのか、体の模様がすっかり消えて緑一色のアマガエルに変身していた。

黒い迷彩柄と緑一色の2匹のニホンアマガエル
camoの色は濃いが、spotsはほとんど柄なし:20190524撮影

大抵、葉っぱベッドを占拠しているのはspotsの方だ。

サヤエンドウのカエルハウスにうどんこ病蔓延

5月の下旬になり、カエルたちに遠慮して「やさお酢」を噴霧できないでいるうちに、エンドウに下部に出ていたうどんこ病の症状が彼らのリビングである手すりの高さの葉にも出てきた。
すでに下部分の葉はほとんど枯れている。

迷彩柄を消した2匹のニホンアマガエル
今日は2匹とも白っぽい。右がcamo、左がspots:20190525撮影

できれば、このすぐ横で水耕栽培しているプチトマトに移動してほしいなと念じていたころだ。
これからどんどん強くなる日差しを枯れかけのエンドウでしのぐことは無理だと思うのだ。

緑色になった2匹のニホンアマガエル
上がspots、camoが珍しく葉っぱベッドを使用中:20190527撮影

そして雨の朝、カエルたちがいなくなった

まとまった雨が降ったある日、また彼らの姿が見えないことに気づいた。雨上がりに戻ってくることがある。翌々日まで帰りを待ったが姿もなければ新しいウンチもなし。

もう戻らないのだと確信。サヤエンドウへの液肥の供給を止めた。カエルたちの家はすぐに枯れてカリカリになった。

カエルが姿を消したウッドデッキ
そして2匹はいなくなった:20190531撮影

田植えの準備が始まったのだ

このころ、近くにある水路に水音が蘇った。田植えの準備があちこちで始まったのだ。あたりに満ちる水の気配を感じたか?繁殖のための旅立ちなのか?

でも、ひょっとしたら案外近くの植物の葉陰にいるかもしれない。しばらくはspotsとcamoの姿を探してしまいそうだ。