アマゾンの段ボール箱に詰まった3匹の猫

猫の行動変異:暖房が入った夜

寒さ到来ともに揺らぐA群・B群テリトリー

11月に入り、北部九州に位置する我が家でも、朝夕エアコンをつけ始めた。その夜から二つの群れの居場所に変化が。

炬燵の中から猫棚最上段へ移動するB群

炬燵が先に投入された我が家。夜になるともっぱらコタツに潜り込んで暖をとっていたB群猫たちである。

エアコンを入れた初めての夜、キコと茶々とクロエが、エアコン風直撃の猫棚最上段に早速移動。

アマゾンの段ボール箱に詰まった3匹の猫
暖風直撃の猫棚にて:20201109撮影

この棚には3つ箱を置いているが、なぜか一緒に入ることに固執。どうやらキコ(ママ猫)が寝ていた箱にまず茶々が入り、その後クロエが無理やり体をねじ込もうと奮闘しているようだ。

翌日の夜、久しぶりに居間で寛ぐみかん

夜になるとほとんどの時間を寝室で過ごすみかんである。
先住猫エド・みかんは寝室、元野良親子キコ・ソックス・茶々・クロエは居間と、夜のテリトリーが定まっているのだ。

ひょっこり居間にやってきたみかん。

布団の上の三毛猫の横顔
みかんは顔の右半分が黒:20201110撮影

みかんが寝室から出てきた理由は、下画像、みかんの額の上に写っているエアコンだ。ここは暖風が柔らかく吹き降りる場所なのだ。

布団の上で寛ぐ三毛猫の横顔
みかんの顔の右半分は茶色:20201110撮影

2匹が示し合わせたかのように、エドもなぜかここにいる。

毛布の上の三毛猫とキジ猫
居間で寛ぐA群猫、エド・みかん:20201110撮影

この場所で、先住猫2匹がゆったり時を過ごす姿を撮影するのは、B群が野良猫修行を終え、完全室内フリーとなって以来かもしれない。

その頃B群は・・・

B群の姿が見えない。炬燵の中にもいないので他の部屋を探すと、いました寝室に。

時々、陽の差し込む時間に彼らが寝室を覗きに来ることはあるが、夜に彼らがここで寛ぐ姿は見たことがない。ここはA群の根城なのだ。

子供たち2匹はキョトンとしているが、母猫キコはまずい場所を見られたとばかりに目を伏せている。そして次の瞬間逃走した。

布団の上の3匹の猫
珍しく寝室に屯するB群猫:20201110撮影

二つの群のテリトリーの揺らぎは、衝突の種になるのか、融合のきっかけになるのか予測がつかない。

願わくば、緩やかに混じり合って欲しいのだが。