ケージの中から外を見つめる三毛猫

縄張り警備はメス猫担当?

雄猫の方がナワバリ意識が強いはずでは?

外ケージにゲロったキャットフードの匂いにつられてか、よその猫が東の庭にやって来た。気づいたキコが発した怒りの第一声と当時に、同じく外に出ていたソックス、茶々、クロエは大慌てで室内に逃げ込み、一番遠い部屋で寝ていたはずのみかんが猛ダッシュで駆けつけ外に出た。

距離を置いているはずの2匹のメス猫

噛み合いの喧嘩こそしないものの、お互いに距離を置いて生活しているキコとみかん。久しぶりのツーショットである。

外ケージの中からナワバリへの侵入者を見つめる三毛猫とキジ白猫
滅多に見れないキコとみかんのツーショット:20190810撮影

2匹が見つめている先に、白にグレーのぶち柄の雄猫がいる。初めて見る猫だ。写真がなくて残念だ。

みかん:最強の縄張り意識

各部屋の隅々まで、毎日パトロールするのが日課のみかん。歴代の飼い猫の中で一番縄張り意識が強い。

ケージの中から外を見つめる三毛猫
凛々しいぞ!頑張れみかん:20190810撮影

一昨年までは、今日の雄猫のようにゲロを食べに来たキコに向かって金切り声をあげてたみかん。その声を聞きつけて、エドがおっとりケージに出てくるというパターンだった。
エドは今も時折、外ケージから「アオアオ」と縄張り宣言をするが、すっかり若い猫たちに仕事を譲った様子なのだ。

今年からはキコが警備の最前線

最近はB群一家のキコ、ソックス、茶々、クロエが外ケージをほぼ独占状態。よって必然的にキコが侵入者の第一発見者となる。

ケージの中から外を見つめるキジ白猫
キコは寝転んで長期戦の構え:20190810撮影

1歳兄妹猫3匹は縄張りの守備には全くの役立たず。
キコの威嚇声に慌てふためいて、猫ドアに我先にと突進。ドアを壊す勢いで家に走り込む。

三毛猫みかんの夜警

暗くなった窓の外をじいっと凝視するみかん。こうやって窓越しに外を眺めている姿をよく目にする。

カーテンの隙間から窓の闇を見つめる三毛猫の後ろ姿
背筋正して何見てる?みかん:20190810撮影

近づいていっても姿勢を変えない。よほど興味を引くものがあるのだな。

カーテンの隙間から外を覗く三毛猫の後ろ姿
一心に何か見ている:20190810撮影

どうやら上を見上げているようだ。
時々、ウッドデッキの屋根の上を歩く猫がいるのだ。

みかんと一緒に外を見たが、人間の目に見えるのはガラスに映るみかんの顔だけだ。

サッシ越しに夜の闇を見つめる三毛猫の後頭部
猫の目には何か見えるのかな?:20190810撮影

みかんはこの後、ペチャっと腹ばいになった。
まだまだ監視を続けるようである。

尻尾がない三毛猫のお尻
ついに座り込んで見始めた:20190810撮影

上の画像はみかんのお尻。
みかんに尻尾はないのである。