ロシアンオリーブの葉についた雨粒

小雨の庭の楽しみ

霧雨の朝は色鮮やか

スマホを片手にイソイソと

乾いて白っぽかった土や庭石も雨に濡れるだけで色がクッキリ。
厚い雲がなく空が明るい朝ならば、草花も色とりどりに鮮やかさ倍増。スマホを持って庭をウロウロしてしまうのだ。

下はロシアンオリーブの葉と雨粒

ロシアンオリーブの葉の上の雨粒
ロシアンオリーブ(ヤナギバグミ):2018年9月13日撮影

ロシアンオリーブといってもオリーブではなく、グミの一種でヤナギバグミとかホソバグミというのが本当の名前らしい。葉の白い産毛が雨粒を掴んで水滴が大きく膨らんでいる。

ロシアンオリーブの実が黄色く色づき始めていた。
いつもはくすんで見える透水平板も良い発色。

ロシアンオリーブの色づき始めた果実
ロシアンオリーブの実が色づいた:20180913撮影

ラベンダーの株の中に水平に張られた蜘蛛の巣にも重たげな水滴。巣の主はどこかに避難しているのかな。

ラベンダーの上の蜘蛛の巣についた雨粒
ラベンダーと蜘蛛の巣と雨粒:20180913撮影

雨の日の主役、カエルが見つからない。どこにいった?